書くしかできない

過ぎていく日々を書き留めています

神社仏閣

結果を出したその後。

最近改めて考える事があります。 人生において、結果を出す、という事は大事だと思っています。口先で「やる、やっている」と言うのではなく、それなりの数字を叩き出す、誰が見ても納得のいく結果を出す、という事は、大事だと思うのです。 でも、結果を出…

大神神社に参拝

奈良の大神神社(おおみわじんじゃ)に参拝してきました。大神神社は、背後に三輪山があり、この三輪山をご神体としている古代から信仰されてきた神社です。 桜井識子さんが本に「山岳系の神様で、ほわっとした柔らかい雰囲気の神様。拝殿を任されている神様…

上賀茂神社とカルガモ夫婦

3月の快晴の一日に、上賀茂神社へ、行って来ました。 ↓一の鳥居。もう日傘を差しておられる方がいました。私も帽子被っていきました。最高気温は20度くらいで、とても気持ちいい。 ↓一の鳥居をくぐった所。まっすぐの参道が目にまぶしい。奥に二の鳥居が…

下鴨神社でウグイスを聴く

半年ぶりに、下鴨神社へ行って来ました。この神社も、大好きです。 暑くもなく寒くもなく、とても良いお天気で気持ちいい日。京阪電車の出町柳駅を降り、賀茂川に架かる橋を渡ります。京都に来たなーという景色が広がります。賀茂川がキラキラ光っていました…

源九郎稲荷神社再び

半年ぶりに、奈良・郡山の源九郎稲荷神社へ行って来ました。 奈良とはいえ郡山は、大阪から電車で20~30分。大阪市内とは違う景色を眺めながら、あっという間に郡山駅に到着です。山や川、早咲きの桜や、今や満開の梅の木など、車窓の景色に気分がリフレ…

北野天満宮の梅と、道真公の歌

半年ぶりに、京都の北野天満宮に参拝してきました。前回行った時、大きな梅苑があったので、また来春ぜひ行きたいと思っていたのです。 大阪の梅はほぼ全開ですが、京都は少し寒いようで、四分咲き。でも、梅園以外にも、境内のアチコチに梅の木があり、沢山…

神様に嫌われる人とは。

またしても、大好きな桜井識子さんのブログから、今度は「神様に嫌われる人」について、引用させて頂きます。もととなる記事はコチラです↓。 玉置神社 神様が嫌いな人とは|桜井識子オフィシャルブログ「~さくら識日記~」Powered by Ameba (上の記事から…

金峯山寺蔵王堂に参拝

今週は、金峯山寺蔵王堂(きんぷさんじ・ざおうどう)に参拝して来ました。蔵王堂には、桜井識子さんご推奨の「木造蔵王権現立像」という仏像があり、この仏像には、強力なパワーを持つ不動明王が入っておられるとの事。(権現様の仏像なのに、なぜお不動さ…

観心寺参拝番外編

昨日、観心寺参拝について書きましたが、実は観心寺に行こうとしたのは、あの日が初めてだったわけではないのです。今日はその事を書きます。 その前日、「明日から雨になる」という予報を聞き、では今日のうちに参拝しておこう、と思った私は、アレコレの用…

観心寺に参拝

今週は、大阪府の観心寺に参拝して来ました。 大阪府と言っても、観心寺は奈良県との県境にあり、山の中のお寺です。飛鳥時代に役行者によって開創され、空海さんによて作られた仏像を本尊としている古いお寺です。このシリーズ(?)初のお寺参拝。今までは…

上賀茂神社に参拝

神社仏閣めぐり、今週は上賀茂神社へ行って来ました。阪急で梅田から四条烏丸まで行き、地下鉄に乗り換えて北王子駅まで。そこからタクシーで7分程度で到着です。 朝起きた時、ヤバいと思うぐらいしんどくて「今日はやめておくかなー」としばし悩んだのです…

北野天満宮に参拝

夏が舞い戻って来たかのような暑い一日、京都は30度越えの真夏日の中、北野天満宮に参拝して来ました。梅田から阪急電車で京都烏丸へ行き、そこから地下鉄で今出川に出てタクシーに乗り換え10分。 北野天満宮の大きな「一の鳥居」の前は、ホテルのエント…

霊格を落とす私の悪い癖③

霊格を落とす私の悪い癖シリーズということで、、、本当に沢山あって我ながら嫌になるわけですが、ここに書くことで克服したい、と思うのです。少なくとも①、②に関しては、着々と改善しつつある(嬉しい事に!)ので、書くことで意思が強まる効果があるよう…

源九郎稲荷神社に参拝

今週はお天気も良かった事から、もう一つ神社参拝して来ました。大好き、桜井識子さんの本を読んでいて、「ここは絶対に行きたいなあ」と思っていた所、「源九郎稲荷神社」です。ここは奈良の郡山にある、小さな神社です。お稲荷さんはちょっとこわい、と伏…

伏見稲荷大社に参拝

神社仏閣巡りを趣味にしようと決め、可能な限り、週1でどこかに参拝しようと思っております。で、先週の下鴨神社に続き、今週は、伏見稲荷に参拝して来ました。 (左右に狛犬ではなく、狛狐さんがおられます。とても凛々しかったです) 御稲荷さんというの…

霊格に関する補足:お金について

霊格が高い低い、という事は、他人との競争ではありません。隣りの人が神仏に近い波動まで上がっていようといまいと、それは自分の波動とは何の関係もありません。 他人は全く関係がない、というのは、霊格だけじゃないかと、私は思うのです。 たとえば、お…

霊格を上げる私なりの方法

ずっと「霊格を落とす」ことについて書いてきたので、今回はその逆、「霊格を上げる」方法について、書きます。いずれにしても、私の個人的見解である、という事をご了承ください。 霊格とはつまり、「魂」の格という事で、生きている状態で知覚できる魂とは…

霊格を落とす私の悪い癖②「待てない」

霊格を落としてしまう私の悪い癖は、まだまだあります。全部は書けないですが、その一つは、「待てない」癖です。 私はとにかく「待つ」という事が極端に苦手で、待ちたくないが為に、いつも無意識に早歩きになり、時には人を押しのけてでも「我先」に行こう…

霊格を落とす私の悪い癖「人を責めたくなる」

私には、「ああー、これは霊格を落としてしまうな」という心の癖があります。それは、「他人を責めたい気持ちになること」です。 いつもいつも、ではないし、誰でも責めたい、というわけでもないのですが、苦手だと思っている人にあまりにもイラッとさせられ…

霊格を落とす、上げる、とはどういう事か。

神仏関係の事を書いていて、これは外せないと思うのが、「霊格」について、です。よく、霊格を落とす、とか、霊格を上げる、とか言うけれど、それぞれは具体的にどういうことを指しているのか、について、私が個人的に把握していることを書きたいと思います…

死んだ後、どうなるのか不安な方へ。

神仏関連のことを書いていて、ふと思い出したので、これも書いておきます。 死んだ後、自分はどうなるの?と漠然と不安に思っておられる方に向けて書きます。私も漠然と不安だったので、これを聞いて安心したので。これは、私が信頼しているお坊さんにも聞い…

下鴨神社に参拝

神社仏閣巡りを趣味にしようと決めた事は、以前に書いたが、子供の学校が始まったのと少し涼しくなったのとで、早速スタートする事にした。これも以前に書いたが、本当は最初に、四国の実家所縁のお寺に行きたかったのだが、そこへは母も一緒に行くというの…

生きるのは面白い

前々回の記事で、「神社にいるのはそもそも自然に存在していた様々な神様たち、お寺にいるのは人が死んだ後に修行をしてなる仏様たち」と書きました。 でもこれはおおざっぱな説明で、厳密に言えば正解ではありません。 厳密に言うと、人間は死んだ後、仏様…

神仏について、私はこう捉えている。

神仏。よく分からない存在ですが、桜井識子さんという方の著書を絡めて、私が神仏をどう捉えているか、について書きます。 桜井さんは、私と同年代の女性で、介護職についておられます。数年前までごくごく普通の女性だったのですが、ひょんな事から神仏につ…