書くしかできない

子供、夫、私。過ぎていく日々を書き留めています

神社仏閣

霊格を落とす私の悪い癖③

霊格を落とす私の悪い癖シリーズということで、、、本当に沢山あって我ながら嫌になるわけですが、ここに書くことで克服したい、と思うのです。少なくとも①、②に関しては、着々と改善しつつある(嬉しい事に!)ので、書くことで意思が強まる効果があるよう…

源九郎稲荷神社に参拝

今週はお天気も良かった事から、もう一つ神社参拝して来ました。大好き、桜井識子さんの本を読んでいて、「ここは絶対に行きたいなあ」と思っていた所、「源九郎稲荷神社」です。ここは奈良の郡山にある、小さな神社です。お稲荷さんはちょっとこわい、と伏…

伏見稲荷大社に参拝

神社仏閣巡りを趣味にしようと決め、可能な限り、週1でどこかに参拝しようと思っております。で、先週の下鴨神社に続き、今週は、伏見稲荷に参拝して来ました。 (左右に狛犬ではなく、狛狐さんがおられます。とても凛々しかったです) 御稲荷さんというの…

霊格に関する補足:お金について

霊格が高い低い、という事は、他人との競争ではありません。隣りの人が神仏に近い波動まで上がっていようといまいと、それは自分の波動とは何の関係もありません。 他人は全く関係がない、というのは、霊格だけじゃないかと、私は思うのです。 たとえば、お…

霊格に関する補足:病気について(追記あり)

前回、霊格が上がる(波動が上がる)と体が丈夫になっていく、とか、祈願が叶いやすくなる、と書きました。また、間違った事をしたら、それを気づかされるような事が(宇宙のしくみで)起こる、と書きました。 では、病気や怪我をした人は霊格が低いのか、不…

霊格を上げる私なりの方法

ずっと「霊格を落とす」ことについて書いてきたので、今回はその逆、「霊格を上げる」方法について、書きます。いずれにしても、私の個人的見解である、という事をご了承ください。 霊格とはつまり、「魂」の格という事で、生きている状態で知覚できる魂とは…

霊格を落とす私の悪い癖②「待てない」

霊格を落としてしまう私の悪い癖は、まだまだあります。全部は書けないですが、その一つは、「待てない」癖です。 私はとにかく「待つ」という事が極端に苦手で、待ちたくないが為に、いつも無意識に早歩きになり、時には人を押しのけてでも「我先」に行こう…

霊格を落とす私の悪い癖「人を責めたくなる」

私には、「ああー、これは霊格を落としてしまうな」という心の癖があります。それは、「他人を責めたい気持ちになること」です。 いつもいつも、ではないし、誰でも責めたい、というわけでもないのですが、苦手だと思っている人にあまりにもイラッとさせられ…

霊格を落とす、上げる、とはどういう事か。

神仏関係の事を書いていて、これは外せないと思うのが、「霊格」について、です。よく、霊格を落とす、とか、霊格を上げる、とか言うけれど、それぞれは具体的にどういうことを指しているのか、について、私が個人的に把握していることを書きたいと思います…

死んだ後、どうなるのか不安な方へ。

神仏関連のことを書いていて、ふと思い出したので、これも書いておきます。 死んだ後、自分はどうなるの?と漠然と不安に思っておられる方に向けて書きます。私も漠然と不安だったので、これを聞いて安心したので。これは、私が信頼しているお坊さんにも聞い…

下鴨神社に参拝

神社仏閣巡りを趣味にしようと決めた事は、以前に書いたが、子供の学校が始まったのと少し涼しくなったのとで、早速スタートする事にした。これも以前に書いたが、本当は最初に、四国の実家所縁のお寺に行きたかったのだが、そこへは母も一緒に行くというの…

生きるのは面白い

前々回の記事で、「神社にいるのはそもそも自然に存在していた様々な神様たち、お寺にいるのは人が死んだ後に修行をしてなる仏様たち」と書きました。 でもこれはおおざっぱな説明で、厳密に言えば正解ではありません。 厳密に言うと、人間は死んだ後、仏様…