書くしかできない

発達障害、神社仏閣、読書記録、日々のつぶやきを主に書いています。

2016-11-01から1ヶ月間の記事一覧

相手を否定してまで自己主張はしない

他人の意見を否定してでも自分の意見を言う事について、もう少し考えてみる。 といっても、この事ばかりずっと考え続けているわけではないんだけども。今日は何書こうかな、と思った時に、アレの続きを書こうと自然に思うので、書き続けているという状況。 …

言わない、という選択

前回、基本的に私は、人の中では自分のオリジナルな意見は出さない、と書いた。それは、批判されるのが分かっているから、という理由以外にも色々ある。 一番大きな理由は、私のその意見というのが、その場にいる人を否定したり批判したりする内容だった時、…

ある考え

私は、何かを経験した時、その経験をもとに「ある考え」に到達するという事をよくやる。自分の経験から、これはきっとこういう事なのだろう、という自分の考えを作り上げる作業を、よくする。その「自分の考え」というのは、今まで誰も言っていない事でない…

「なぜ、『怒る』のをやめられないのか」片田珠美さん

【中古】なぜ、「怒る」のをやめられないのか 「怒り恐怖症」と受動的攻撃 /光文社/片田珠美(新書)価格: 418 円楽天で詳細を見る サッカーの前園さんがやっている事でちょっと有名になった「アンガーマネージメント」をはじめとして、「怒り」をコントロー…

コップを2つ割った日

ちょっとした不注意で食器を割ってしまう、という事は、たまにある。 でも、2個続けて、というのは、生まれて初めてかもしれない。 最初は食器洗いをしていて、一緒に洗っていたグラスを持つ手が滑って、割れた。 次に、PCの前に座って、持っていたマグカッ…

気が済む、という事

小さい子供がいるのに、重い病気になってしまう人が時々いる。乳ガンとか多い。 子育てだけでも大変なのに、その上自分の闘病が重なると、大変を通り越して、生活を回していくのが無理なレベルになってしまう。 私の子供は、今はもうそれ程小さくないけれど…

問題提起と甘え

問題提起、というのを、する事に躊躇がある。 「これはおかしくないですか? このままで、本当にいいんですか?」 という文言に、どうにも違和感を覚えてしまう。 おかしいと思うなら、自分が変えるように動けばいいのにな、と思うのかもしれない。 例えば、…

先日の、地震予言が外れた件

先日、11月23日、南海トラフ界隈で大地震が起こる、という予言が巷に流れ、 私もそれを友人から聞き、内心怖れていたわけですが、 結果、何も起らず済んで、ホッとしておりました今日、 「予言は、それを聞いた人が多くなればなるほど、外れる。 なぜな…

トランプ氏

あんまり大きな話というのは、正直よく分からないのだが、 よく分からないなりに、ぼんやり思うことはあって、 トランプ氏というのは、なんとなく、発達障害っぽいなあということ。 私の子供も発達障害なので、発達障害を悪く言っているわけではない。 発達…

先週、火災保険に入った

先週、ふと思いついて、火災保険に入った。 その時、担当の営業氏が、「地震特約もつけますか?」と聞いてきた。つけたほうがいいような気がしたので、家族に確認したところ、「必要ない」と言われた。 私は、もめごとがとにかく苦手。 「必要ない」と言い切…

依存と商売

個人客を相手にする商売について考えた場合、 モラル云々を抜きにすれば、 依存させるという手法は、労少なく益の多い方法かもしれない。 「クライアントが依存してくれたら、どんどん予約入れてもらう」 と語っていたカウンセラーさんがいた。少し驚いた、…

みな、自分自身について語る

ある本を読んでいたら、確かにそうだな、と感じる文章があった。 「女たちはみな、自分自身について語り、 物質主義と精神世界と自己啓発セミナーと流行ファッションに夢中だ」 なんか、最近、本当にそうだな、と思う。

ネットで、攻撃的な人にからまれた時

少し前に、攻撃される事について書かれた本について、記事を書いたけれど、 実際問題、リアルに誰かに攻撃される、という事はここ最近はまずない。 でも、ブログをやっていると、たまに、人からからまれる事はある。 ブログを公開していると、どこかの文面に…

私が内省する時

今日は読書記録ではなく、ちょっと考えた事を書きます。 私が、「私ってどうしてこうなのだろう?」と自分について深く内省する時というのは、往々にして、苦境に陥っている時であるな、と改めて気づいた。 当たり前といえば、当たり前なのですが。 私は、人…

読書記録「他人を引きずりおろすのに必死な人」榎本博明さん

大変興味深い本でした。 私も、他人を引きずりおろしたい衝動にかられた事もあるし、 他人から攻撃を受けた事もあります。 どういう時に、人は、他人を引きずりおろしたい衝動にかられるのか。 どういう人が、そういう衝動にかられやすい人なのか。 そして、…

読書記録:「喰い尽くされるアフリカ」トム・バージェス

石油やダイヤモンドをはじめとした多くの資源に恵まれているアフリカ。 にも関わらず、そこに暮らす人々が、厳しい貧困に苦しんでいるのは何故か。 膨大な資源から生み出される巨額の富は、一体どこに消えてしまうのか。 そのからくりが、この本に書いてあり…