書くしかできない

発達障害、神社仏閣、読書記録、日々のつぶやきを主に書いています。

発達障害

発達障害と「嘘」との関係②

oinor-i.hatenablog.com 先日の記事↑の続きです。 先日の記事で、①の「嘘をつかない発達障害者」の事を、良い事のように書きましたが、実は、嘘をつかない発達障害者にも、問題点はあります。私の息子が①に入るので、よく分かるのですが。 嘘をつかない発達…

発達障害と「嘘」との関係①

最近、発達障害のある成人の方に会う機会が少しあって、それで思ったのですが、発達障害者と「嘘」との関係は、健常者と「嘘」との関係と、大きな違いがあるなあと思います。 発達障害者を「嘘」というカテゴリーで分けると、 1、ほとんど嘘をつかない人 2…

発達障害児を育てる究極の方法

少し時間が出来たので、発達障害界隈のブログをいくつか拝読し、改めて、ああ大変だなと思いました。 発達障害児を育てるのは、本当に大変なんですよね。それは、健常児を育てるのも大変ですが、大変さの質もレベルも違います。 世の中には、「発達障害など…

幼い概念でも良いと思う

息子の大学が、やっと夏休みに入りました。夏休みが終わるのは、9月の終わりなので、一か月半程の休暇となります。長い!嬉しい 今年度の前期は、全教科無事に合格し、追試もないので、夏休み丸々休めます(追試は夏休み中にあるので、追試教科が出ると、夏…

雷のおかげ

今朝、ビックリした事がありました。 息子が、毎朝6時に目覚ましをかけて起きている、と聞いたのです。ちなみに彼は毎朝7時に起きます。。 ???どういう事?と思いますよね。 息子は、毎朝、6時にいったん目覚ましで起き、その後、もう一度目覚ましを7…

ワクチンと発達障害

発達障害の事を書いたついでに、気になっていた事も書いておきます。というのも先日、私は、ある記事を拝読しまして。その内容に、引っかかってしまったんです。 そこには、こういう内容の事が書いてありました。 ****** わたしはワクチンに関して反対…

発達障害と神

最近、発達障害について書いていなかったので、今日は少し書きたいと思います。 どうして書いていなかったかというと、特に息子に問題がなかったからです。大学生活も2年目に入り、順調で、日常生活でも特に問題がなく、対処に困る事がなくなりました。息子…

スマホ紛失

息子の大学なのですが、新学期がやっと始まったと思ったら、案の定、コロナ感染者が増加したせいで、来週あたりから、対面授業がオンデマンド授業に変更になりそうです。まあ、仕方ないんでしょうね。一週間でも登校できて良かった、各講義の教授の顔が見れ…

その場限りの嘘の効用

今日は愚痴みたいな話になります。 昨晩、寝る間際に、息子がやって来て、いつもの「こだわりからくる面倒くさいからみ」をやり始めました。 息子は、寝る前に、その日にあった出来事の中で、自分の心の重荷になっているものを全て、私に押し付けて、私から…

社会常識の変化と発達障害

一昨日「今の世の中、完璧に自立していなければ、社会人にはなれないらしい」という記事を書きました。 oinor-i.hatenablog.com この所感は、発達障害児の親である私の、個人的偏見なのかしら、と思っていたら、今日、人気ブロガーさんが同じ内容の記事を、…

友達親子

先週末、しっかり充電できたおかげでしょうか。今週は、息子も私もストレスがなく、穏やかに暮らせています。やはり、たまにはしっかり休むと、効果がありますね。 最近気がついたのですが、私は息子に対して、以前ほど「親意識」を感じなくなりました。息子…

頂いたコメントへのお返事です。

前回の記事でコメント頂きまして(有難うございます)、そのお返事の形で、今日は書きたいと思います。 前回の記事に戻るのもお手間と思いますので、勝手ながら、頂いたコメントを貼らせて頂きます。 今回の記事のタイトルが『頑張るか、もしくは死ぬか』で…

頑張るか、もしくは死ぬか。

前回の記事にスター下さった方のブログを拝見しに伺いましたら、その方が、別のある方の記事をブックマークされておられ。興味深かったので、そちらの記事も拝読させて頂きました。色々考える所があり、今日は、その事について書きたいと思います。 大変整理…

正しさやフェアネスは自分にだけ発動する

前回、「自分が間違った時は、反省・謝罪・改善」と書きましたが、これは自分に限った事で、これを相手に求めてはいけないと、思います。 つまり、相手が間違った時に、相手に、反省・謝罪・改善を求めてはいけない、という事です。 何故ならば、人間という…

頑張って1つ動くと、あとは数珠繋ぎに転がっていく(場合がある)。

今日は、発達障害を持つ、大学生1年の息子の話です。 なんとか2年に進級が決まったのですが、昨年はオンライン授業だった事もあり、なかなかに苦戦しました。息子は、障害特性を活かして特殊な理系に進んでいるのですが、暗記せねばならないものの量が半端…

発達障害に対する一つの解決策

大学生の息子は、早、春休みが始まりました。年度替わりなので、1年の時の大量の講義資料を何とかしようと、二人して整理を始めました。 リビングに大量の講義資料を運び、残しておくべき資料をえり分けて、学科ごとにファイリング(捨てる資料が大量に発生…

それは疲労なのであって、ものぐさではない。他。

今日は、とりとめもなくあれこれ書こうかなと思います。 天気予報では、今日は比較的あたたかい予報だったのですが、曇っているのと、空気が冷たいのとで、意外に冷えます。これは、公園へは行けないな、という事で、朝からまとめて家事を片付けました。今、…

発達障害者特有のしつこい絡み

発達障害者が身内にいて、しんどい思いをする最大要因は、「長くしつこい絡み」だろうと思います。同じ事、同じ要求(非現実的で非合理的で絶対に叶わない要求)を、延々繰り返し繰り返し、誰か(たいてい母親)に訴え続けるというものです。 全ての発達障…

ストレスは人間を雑にする

少し前の記事に、「高校の卒業式に、息子が出席するかしないかでもめた」というような事を書きました。書いた主旨が「だから私はストレス満載だった」というものだった為、「もめた内容」については省略しました。 読んで下さった方は、「もめた内容」は、私…

子供の支援が自分の苦手分野だった場合のジレンマ

私の子供は発達障害なので、極力支援してやろうと思っております。 私自身の得意分野において、彼を支援するのはさほど大変ではありません。面倒くさかったり、自分の時間がなくなる事さえ我慢すれば、やったらやっただけの成果はあがるので、努力が実る心地…

無駄だと分かっている努力を続けること。

今日は長い愚痴なので、お付き合い下さる方だけお付き合いください。 発達障害の息子は、服装について本当に面倒くさいのです。 とにかく同じ服だけしか着ないので、季節ごとに、全く同じ服を7着づつ用意しています。洗濯ができないそこそこ長めの旅行に出…

きれいに諦められる自分でいたい

前回の記事の続きのような内容になります。 当たり前のようなタイトルをつけてしまいましたが、私は、発達障害児の親の心構えとして、何よりもまず「諦める事」が必須だと思うのです。これなくしては、まともな精神で生きていく事すら、難しいと思われます。…

発達障害児の共通点

今年になってから、発達障害児を育てておられる方のブログを、よく拝読していました。発達障害児は千差万別、1000人いたらい1000通りの障害特性を持つわけですが、一方で、共通点も少なくないなあと、改めて気づきました。 例えば、以下の3点は、程…

こんな状況でございます。

少しブログお休みしていました。かなり落ち着いたので、今日は状況報告だけでもと思い、書いています。 私のミスで、大変な事が起こったと2つ前の記事に書いたので、それについて少し説明します。 ここに書く余裕が出来たという事は、結果的には、うまく解…

「主婦」や「母親」という肩書や権利。それに付随する義務や責任。

今日はいきなりものすごく涼しいですが(寒いほど?)、4連休真っ只中、皆様いかがお過ごしでしょうか。 私は相変わらず、近場をちょろちょろしております。コロナであまり遠出できなくなったせいで(関西圏内から出ないようにしているせいで)、近場にも意…

元気が出てきました。

連日、他人様には「どーでもいいわ、、」と思われるであろう個人ごとを、ダラダラ書いて失礼しております。 歯のほうは、今日の夕方予約が無事取れ、おそらく詰め物を詰め直したら終わると思うので、少し気がラクになっています。もう少ししたら家を出ます。…

ストレスで食欲ゼロ。

今日は久々に落ち込んでいます。 一つには、昨晩、奥歯の詰め物が外れてしまったからで。しかも、今日は行きつけの歯科医院は休日で、、。痛くないけれど不安で。もうなんか食べたら奥歯の大きな穴に入るんじゃないかと思うと、何も食べられない。朝から、コ…

発達障害児へのアプローチ・抽象的概念

前回の記事の続きです。 今回は、小学生の発達障害児に、抽象的概念をどう教えていったらいいのか、について書きます。 頂いたご質問を、勝手ながら一部抜粋させて頂きます(ぽけ様、不都合であれば、仰っていただいたら外しますので、ご遠慮なく仰って下さ…

発達障害児(小学生)へのアプローチ・算数

前回の記事に頂いたコメントへの返信の続きになります。もし宜しければ、先に前回の記事のコメント欄をご一読下さると有難いです。 コメント下さった方は、時々コメント下さる方で、とても熱心に子育てをされておられます。熱心だからこそ、悩まれる事も多い…

療育先での親同士の関係、今・昔。

ameblo.jp 上に貼らせて頂いたのは、時々拝読しているブログです。3歳のお嬢さんが発達障害という事で、共感を持って読ませて頂いています。下に1歳のお子様もおられるのに、とても一生懸命お嬢さんの障害と取り組んでおられて、すごいなあといつも思いま…