読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書くしかできない

子供、夫、私。過ぎていく日々を書き留めています

トランプ氏

あんまり大きな話というのは、正直よく分からないのだが、

よく分からないなりに、ぼんやり思うことはあって、

トランプ氏というのは、なんとなく、発達障害っぽいなあということ。

私の身内にも発達障害がいるので、発達障害を悪く言っているわけではない。

発達障害者は、1000人いたら1000通りの個性があって、

1人として同じタイプはいない、というのは周知の事実だけれど、

それでも、発達障害特有の「固定的な部分」というのは、確かにある。

その「固定的な部分」を、私はトランプ氏に、そこそこ感じるなと思う。

 

一番思うのは、「見えないモノは、理解できないのだな」という事。

目に見える具体的なモノにだけ、価値を置く彼の生き方や言動に、それを感じる。

あと、

とても単純で極端で、思った事をそのままストレートに口にするし、行動する事。

それから、

ある種の、自制心の低さ・他人の気持ちを理解できない事(特に、クリントン女史との対話で感じた)により、少なくない他人から激しく嫌われる事。

そして、

(自分が信頼している)人の意見には、疑いもせず丸ごと従う事。たとえそれが、自分の意見の真反対であっても。

そして、

記憶喪失か?と思うほど、過去をスパッと忘れてしまえる事。

そして、

成育時において、とても「育てにくい、我の強い」子供だった事。

そして、

ある分野において、卓越した才能を持つ事。

そして、

たとえ表面的に出ている部分が真逆であっても、根っこの部分には何らかの純朴性(子供のような)を感じる。

 

もちろん、こういう特徴を持たない発達障害者も中にはいるけれども、

私が知っている発達障害者の多くは、上の特徴を持っていた。

トランプ氏がもし、発達障害者なのであれば、

とうとう、発達障害者が大統領になる時代が来たのだな、と、勝手な感慨に浸る。

いや。違うか。

発達障害者はすでに、歴史の多くで、大統領なり首相なり王なりに、なってきたのかもしれない。

その人達を私達が、「発達障害者」だと気づかなかっただけで。

気づくいうか、「発達障害」という概念が、当時はなかっただけかもしれない。

 

広告を非表示にする