書くしかできない

過ぎていく日々を書き留めています

姉とのこと。

 今朝から大阪も少しだけ涼しくなり、ホッと息をついております。全国的にも涼しいのでしょうか。台風で停電断水の地域の方々が、少しでも過ごしやすくなることを祈ります。

 大阪の今日の最高気温は32度。それでも昨日は35度だったので、僅か3度の差とはいえ、随分とラクです。9月に入ってから、午前中はエアコンを使わずに過ごす習慣が出来てしまい、昨日もエアコンなしで過ごしていたら、10時頃に吐き気と頭痛とお腹痛が。。風邪かなと思い、家事を途中で止めて大人しくしていても治らず。途中で気づいてエアコンを入れ、保冷剤でオデコなど冷やしていたら、だんだんとラクになってきました。熱中症のなりかけですね。すぐには気づかないあたり、ボケております。

 今日は本当に涼しくて、風が気持ちいいです。やっとこさ秋の入り口に辿り着きました。ぜーぜー。明日は最高気温が28度だそうなので、雨の予報ですが、お出かけしようと思っています。お出かけが嬉しいなんて、久しぶりです。これからはもう、大阪も、35度などという高温にはならず、32度ぐらいが続くそう。平年よりは高いそうですが、それで十分。ほんと、なんとか今年の夏も生き延びました(大袈裟)。

 姉から、謝りのメールが何度か来ているのですが、正直、もう彼女とは関わりたくないという気持ちが強く、悩んでしまいます。謝ってくれているのが本心なのか、とりあえず謝っておけばいいや、というつじつま合わせの建前なのか、私には分かりません。姉は、そういう表面を整えるような嘘を、本当に平気でつくので。それでも今まで姉と付き合ってきたのは、根はいい人だと信じていたからですが(そして今も、根はいい人だと信じていますが)、今は姉という人がよく分からなくなっています。

 姉のことが怖いのです。

 姉の娘が鬱になって、相談できる相手もいないので、私に愚痴の電話していた事を、姉が知って激怒。自分の知らない所で、娘が私に愚痴を言っていたのが気に入らなかったようです。その愚痴は、ほぼ100%姉のことだと、姉自身が分かっていたから。姉には沢山の秘密があり、一緒に暮らしている娘には知られていて、それを私にバラされるのが怖かったようです。秘密の一つに姉がやっているブログのことがあり、姉はそのブログに嘘ばっかりを書いてカウンセラー業をしているのですが、それを私に知られた事が耐えられなかったようです。

 姪は「叔母さんにバラしたら親子の縁を切ると脅されてるから、お母さんには内緒にしていて」と頼まれていたので、私は姪と話している事も、話した内容も、姉には言わずに自分の胸の中に収めていたのですが。姉としては、「娘と話しているのに、内緒にしていたなんて、姑息だ。最低」と言葉の限りを尽くして罵られました。本当に怖かったです。でも、親子の縁を切られると分かっていて、姉にバラすわけにはいかないですよね。

 何故バレたのかというと、姉に問い詰められて、耐えられずに姪が言ってしまったようです。

 私としては、姉の秘密など、何一つ知りたくなかったのですが、姪が一方的に言ってきたので聞くしかなく。にも関わらず、私は姉から罵られて、きつい言葉で攻撃されたのですが、一体どうしたら良かったのか。姉から筋違いの攻撃をされる事を、防ぐ方法が分からないのです。

 だから、姉から何度謝られても、姉と距離を置くことを、私は止められません。

 姉から謝罪のメールが来るたびに、その都度丁寧に返信を書いていますが、どこまで姉に伝わっているのか。読まずに消されているのじゃないだろうか、と思ったり。

 私は、怒っているのでも恨んでいるのでもなく、ただ困っているのです。姉とどう付き合えばいいのか。今後二度と怖い思いをせずに姉と付き合うには、どうしたらいいのか。

 何が正しいのか、全く分からないですが、とりあえずは現状維持でいこうと思っています。

 今までのよう姉と仲良く付き合う事はもうできませんし、無理なものは無理だとハッキリと伝えるほうが、むしろ誠実だと思うのです。姉を丸ごと信用することができない現状で、中途半端に優しい人間のフリをして付き合いを再開しても、先で必ずまたトラブルが起こるでしょうし、そしたらお互いまた嫌な思いをします。その時私はきっと、姉を恨むでしょう。でも、本当に悪いのは、付き合いを再開すると決めた私自身なわけです。先でまたトラブルが起こると分かった上で、それでも付き合いを再開すると決めたのだから、落ち度は私にあります。

 距離を置く事が、姉との間に決定的な亀裂を産まない方法です。もっと時間が過ぎ、私にも余裕がうまれ、また考えが変わるかもしれませんが。或いは、何か良い案が浮かぶかもしれませんが。それまでは、慎重にいこうと思っています。

f:id:oinor-i:20190531122818j:plain

 姉のことがあるので、私は、自己啓発やスピリチュアルやそれらのカウンセラーさんに、懐疑的なのです。過去に一度姉に、桜井識子さんの本を勧めてみたら、少し読んで「私には合わない」と拒否されました。桜井さんの語るスピリチュアルだと、姉のような自分勝手さは許されないからでしょう。姉は「私が幸せなら、周囲も幸せ。まずは私を幸せにしてあげよう」説に信奉しているし、「願いは宇宙に投げたら叶う」説を信じているので。桜井さんの語るスピリチュアルだと、そういうのは、非常に低い行動で、自分を落としていくだけなので、姉には受け入れられないのでしょう。

 いや別に、姉に無理に勧める気はまったくないのですが、あれほどスピリチュアル好きな姉が、ある種王道スピの桜井さんを拒否るというのが、凄いなと思いました。やっぱり、自分を甘やかしてくれるスピリチュアルは信じる、そうでないものは拒否る、という事なのだなあ、と、むしろ感心しました。

 それでも、姉の人生は姉のものなので、姉の好きに生きる権利があるし、私は姉のする事に口出しする気は毛頭ありません。好きに自由に生きればいい、と思っています。ただ、私がそこに関わりたくないだけなのです。

 助けて欲しいと言われたら助けますが、そうでない限り、姉の存在はできたら忘れて生きていきたいと、思っている今日この頃です。こういう私は、不人情な人でなしなんだろうか、、。分からないです。困ります。