書くしかできない

子供、夫、私。過ぎていく日々を書き留めています

先日の、地震予言が外れた件

先日、11月23日、南海トラフ界隈で大地震が起こる、という予言が巷に流れ、

私もそれを友人から聞き、内心怖れていたわけですが、

結果、何も起らず済んで、ホッとしておりました今日、

「予言は、それを聞いた人が多くなればなるほど、外れる。

なぜならば、

その大量の人数の潜在意識が、逆に予言の事態を回避させる働きをするから」

という、説を読みました。

一理あるかも、と思いました。

その説によると、

「その予言が、多くの人に関わる凶事であれば、

一流の預言者は、あえてその予言を、できるだけ沢山の人に伝える。

その予言を聞いた人達の潜在意識の働きで、凶事を回避させる事を狙って。

しかしながら、その予言が外れる事により、その予言者の評判は地に落ちる事になる」

なるほど。

「その予言を、大々的に伝えなければ、その予言は現実となるが、

大々的に伝えれば、その予言された凶事は回避される。

しかし、凶事が起らなければ、その予言が正しかったという事は、証明できない」

 

以前読んだ、「ブラック・スワン」という本を思い出しました。

凶事は、回避されると、本来は起こる筈であった、という事は、誰にも分からない。

その凶事を回避する為に、様々な人が身を削ったという事実は、表に出ない。

そういうものだなと思いました。