書くしかできない

発達障害の息子、夫、私。過ぎていく日々を書き留めています

人が行けない所などない

 置かれた場所で咲く、という言葉を時々耳にする。自分の与えられた能力・環境で精一杯頑張る、というような意味だと思う。ないものねだりをするな、とか、安易に目移りするな、というような意味も含まれているように思う。そうやって生きている人はみな、確かにその人なりに充実しているように見える。

 ぼんやりと散歩していて、水鳥を見た。

f:id:oinor-i:20171018120447j:plain

涼しげに、心地よげに泳いでいて、いいなあと思った。

空を見上げると、二羽の鳥が、並んで飛んで行くのが見えた。

f:id:oinor-i:20171018120533j:plain

 高い所を一気に飛び去って行った。空の高みを飛べるというのは、羨ましいなあと思った。

 鳥が飛んだ同じ軌道を、一機のジェット機が飛んで行った。遥か遠くに消えていくその機を見ながら、人間は,、大抵の場所には行っているのだと気付いた。

 与えられた場所で生きるべし、というのもその通りだが、同時に、地面にいるはずの人間が、水中にも空中にもいる。与えられた場所を飛び出す事に成功している。

 その場にいてもいいし、飛び出してもいい、きっとそういう事なのだと思う。与えられた能力以上のものを取りに行ってもいいし、分を守って手堅く生きてもいい、そういう事なのだと思った。