書くしかできない

発達障害、神社仏閣、読書記録、日々のつぶやきを主に書いています。

五芒星巡り行って来ました。

 桜井識子さんの著書「にほんの結界ふしぎ巡り」に書いてあった、五芒星巡り、ずっと行きたいと思っていて、この週末、やっと行って来ました。

 五芒星巡りというのは、神社、もしくはお寺、五か所に続けて参拝する事です。それによって、その5つの神社仏閣を結んだ線内にある全ての神社仏閣・パワースポットのエネルギーを我が身に保持する事ができるようになる、というものです。更に特殊な願掛け方法を使えば、ほぼどんな願掛けも叶うそうですが、桜井さんは「何でも叶うのは恐ろしい(悪い事も叶うので)」と、神様からその特殊な願掛け方法だけは、聞かなかったそうです。でも、エネルギーを保持できるだけでも、十分有難い事だと思いまして、行って来ました。ちなみに効果は1年続くとのことです。

 ただし「五芒星巡り」には条件が沢山あります。以下、列挙します。

①神社なら神社5つ、お寺ならお寺5つ、とし、神社とお寺を混ぜない

②五芒星の頂点五か所に神社(寺)がある事。正確な五芒星ではなくても良い。

③巡り方は、頂点を最短距離で円を描くように廻るのではなく、星を書く時と同じように、一筆書きで対角線上に巡る。周囲をぐるっと廻るのではなく、対角線上を5つの頂点に向けて行ったり来たりする為、とても時間がかかるが、これをする事で、見えない世界に渦を描く事ができ、渦によって五芒星内のエネルギーを浮き上がらせる事が出来る。この効果は、五芒星のみで、四角形や三角の対角線を巡っても効果はない。ちなみに廻る方向は、反時計回り。

④5つの神社(寺)では、必ず「祝詞を唱え」「お札を買う」。

⑤一日で廻れない時は、日数がかかってもよいが、その間、他の神社仏閣や、家の神棚に手を合わせてはいけない(五芒星が乱れるので)

⑥五芒星巡りが終わったら、家に、買って来たお札を5枚並べて飾り、5か所の頂点に回った神社(寺)を記入したの五芒星図を持ち(地図に記入していもいいし手書きでもよい)、五か所の神社(寺)で唱えた祝詞を唱える。この時、初めて、その五芒星内のエネルギーを得る事が出来る。効果が1年しかもたないのは、お札の効果が1年しか持たない為。

 

 というわけで、行って来ました。私は、京都で、五芒星の形の頂点に神社が来るものを探しました。私が廻ったのは以下の神社です。

①八坂神社⇒②上賀茂神社⇒③西院春日神社⇒④八大神社⇒➄福王子神社⇒⑥八坂神社

八坂神社に二回行っているのは、五芒星を完成される為です。この五芒星の中には、下鴨神社や御所、晴明神社北野天満宮などおおもの(笑?)が入っています。その割には、京都市内で完結できるので、運転しない私には有難かったです。頂点を他府県に延ばして大きな五芒星を描くほうが得られるエネルギーも大きいのですが、現実問題、私には難しかったので(ちなみに桜井さんは、伊勢神宮や淡路島まで、関西全域を網羅するような五芒星巡りをされたそうです(著書より)。すごいです、、。

 えっと、中途半端で申し訳ないのですが、今日はこれからまたしても、行く所があるので、五芒星巡りに行って来た感想は、また後日書きます。取り急ぎご報告でした。

 一昨日と昨日の二日で廻ったので、効果はまだ分かりませんが、何かありましたら、あわせてご報告します。桜井さんいわく、五芒星巡りの良いところは、普通に神社仏閣に参拝した場合は神様がお忙しい等の為に、ご利益が頂けない場合もあるのに対し、この五芒星巡りは、物理的に(?)行うものなので、巡ったら必ず効果が得られるという事だそうです。やってみて、なんとなく理解できました。

 ではまた~

f:id:oinor-i:20220301143732j:plain