書くしかできない

発達障害、神社仏閣、読書記録、日々のつぶやきを主に書いています。

石鎚神社へ参拝(少し追記)

 先日、あたたかい平日を選んで、息子と愛媛の石鎚神社へ行って来ました。

 昨年から、この時期に石鎚神社へ行くのが、我が家では恒例行事となっております。我が家では、というより、息子にとって、と言うべきか。息子は石鎚神社が大好きなのです。遠いのに。

 大阪からだと、新幹線で岡山へ行き、岡山からJR特急「しおかぜ」で伊予西条駅まで。そこから石鎚神社まではタクシーで1500円ほどです。

 帰りは、石鎚神社ふもとにあるJR石鎚山駅から伊予西条駅まで一駅乗って、そこから特急、新幹線と乗り継いで大阪に戻ります。

 行きも、タクシーなど使わず、石鎚山駅を利用(JR在来線利用)すれば良さそうなのですが、この線、本当に本数が少なくて。この線を利用すると参拝時間が取れないんですよね。タクシー利用だと、小一時間ゆっくり参拝できます。

 

 では、参拝日記です。

f:id:oinor-i:20210319113021j:plain

 行きは、石鎚神社の鳥居前で、タクシーを降りました。奥に大きな石鎚山が見えます。神社は山の上下二ヶ所にあります。上の神社に行くには、ロープウエイ利用で4時間かかるとの事で、日帰りは無理なので、前回も今回も、山の下にある神社(口之宮本社)に参拝します。下と言っても、そこそこ登ります。

f:id:oinor-i:20210319113119j:plain

 楼門。両側に天狗さんの像が入っていました。緩やかな上りの道が、まっすぐ続く境内。参拝客は他にいません。一年ぶりに伺いました!と、神様にご挨拶してから、歩き始めました。というか、登り始めました。軽やかに歩を進める息子に比べ、私はすでにぜーはーです。所々、長めの階段もあり。足腰きつい。

f:id:oinor-i:20210319113257j:plain

 前回は気づかなかった早咲きの桜が。

f:id:oinor-i:20210319113319j:plain

 こちらも、前回気づかなかった鯉。白や金色でお目出たい感じ。

f:id:oinor-i:20210319113342j:plain

 最後の長い階段を上り、やっと口之宮本社に到着です。到着したと同時に、太鼓の音、そして笛の演奏と巫女さんの舞いが始まりました。前回もそうだったことを思い出しました。

f:id:oinor-i:20210319113414j:plain

 

f:id:oinor-i:20210319113431j:plain

 

 息子と並んで手を合わせて、息子の事をお祈りしました。

 前回は、打ち出の小づち大小があったのですが、コロナに配慮してか、撤去されていました。

 今回も、息子がひいたおみくじは大吉。本当に有難い。守って頂けている事を、心の底から感じました。前回の分と合わせて、撮ってみました。

f:id:oinor-i:20210319200213j:plain

 

参拝を終えてホッとし、横に移動。

f:id:oinor-i:20210319113503j:plain

 

f:id:oinor-i:20210319113526j:plain

 横は広場のようになっていて、眼下の街を見下ろせる位置に、ベンチが並んでいます。神社さんのこのご配慮が本当に嬉しい。前回はあまり時間がなく、ベンチでゆっくり出来なかったのですが、今回は30分ほど、ここでゆっくりしました。

f:id:oinor-i:20210319113612j:plainf:id:oinor-i:20210319113629j:plain

 神社からは、笛の音が聞こえ、目の前には広い景色。奥に海がうっすら見え、その上にはしからはしまで、空が広がっています。空が広い。深呼吸を繰り返し。ちなみに、息子は一人で、神社の境内をあちこち散策に行きました。

 今回は時間があったので、そうそう、と気づいて、御札も買いました。(今、息子の部屋に飾っています)

 帰りはいつもながら、下り坂なので早いです。あっという間に、JRの石鎚山駅に着きました。この駅、無人駅で、小さなホームがぽつんとあるだけなんですよね。

f:id:oinor-i:20210319113704j:plain

 ホームから撮った写真。写っている影は、ホームの屋根です。

f:id:oinor-i:20210319113730j:plain

 地平線まで、ずっと畑。こんな景色、大阪市内では見た事ない。トンビがすいーっと飛んで行きます。懐かしい。原風景っていうやつでしょうか。

 良いお天気の日だったので、「しおかぜ」の車窓から見える海も、相変わらず綺麗でした。毎回思うんですが、瀬戸内海の海沿いとか、淡路島の海沿いとかの家に住んでいる人って、いいなあ。。。

 新幹線への乗り継ぎの岡山駅で、少しだけ時間があったので、おやつを買いました。箱売りのお土産のスイーツが、バラ売りされているお店があり、そこで、気になるおやつを一つづつ買ってみました。箱だと飽きるけど、バラ売りしてくれるのは有難い。(賞味期限がだいぶ先なので、まだ食べてません)。

f:id:oinor-i:20210319113753j:plain

 

 今回は二度目だったので、段取りよく行って帰って来ました。来年以降は、息子は一人で行くそうです。良いと思います。

 家に着いたのが6時。急いで洗濯物を取りこみ、夕食を作りました。こういう忙しい日は鍋物に限る。前日に買っておいた材料で、寄せ鍋を作りました。パパっと作った割には美味しくて、翌朝もおうどん入れて食べました。

 

f:id:oinor-i:20210319113814j:plain

追記:

 この日は、直前まで用事がたてこんでいた週で、私はそこそこ疲れていまして。道中、けっこうミスを連発したんです。「しおかぜ」の洗面台に腕時計を置き忘れたり(手を洗う際、私はわりと腕時計を外す事が多いのです)。行きの伊予西条駅のベンチに、ポーチを置き忘れたり。腕時計は、下車する直前に「ハッ」と思い出し、洗面台まで取りに行ったらありました(無くなってなかった)。ポーチは、帰りに同じベンチに座って、「アッ。こんな所に私のポーチが、、」と気づき、ギョッとしました。いずれも、相当時間がたっていたのに、無くならず、取られもせず、私が置き忘れたまま、そこにありました。他の都市だったら、もっと安価なものでも、5分も置き忘れたら、なくなっているしょう。愛媛人はモラル意識が高いなあと感動、感謝です。

 っていうか、、、置き忘れする私が悪いんですが。注意しないと!

 あと、石鎚神社には、もう沢山の蝶々が飛んでいて、春を感じました。撮影の難しい黄色い蝶々なので、撮るのは諦めましたが。四国は大阪より、春が早い。