書くしかできない

過ぎていく日々を書き留めています

母にあげるべきか悩んだ話

www.uniqlo.com

 

 今日は(も)どーってことない話で失礼します。

 今年は暑くなるのが早い気がしませんか。なんか暑い。とにかく暑いので、例年夏に着ていたコットンTシャツを、着る気がせず、なんか涼しい服はないかと、ユニクロさんに出かけました。

 そしたら、薄くて袖もちょうどいい感じのTシャツがあり、綿ではないのですが、サラサラしていて気持ちよさそうだったので、思い切って色違いで4枚ほど買ってみました(上に貼りました。PRじゃありません、汗、、)

 で、家に帰って着てみたら、ビックリするほど涼しい。軽い。着てないみたいに軽いし、間違いなくコットンTシャツより遙かに涼しいのです。化学繊維なのに、体に張り付かないし、首の空き具合もちょうどいい。袖丈は短くて涼しいのに、ノースリーブじゃないので二の腕の太さが隠せる。適度にツヤ感があって安っぽくない。いい事しかない。

 急いで、更に5枚追加で購入しました(どんだけ気に入ったんだ)。合計9枚にした理由は特にないのですが、とにかく涼しさに感動してしまって、一杯買っておこうと思ったのです。来年発売してくれるかどうか、分からないから。

 で、それから毎日着ているのですが、涼しさとラクさに、着れば着るほど感動してしまって。

 ふと、80代の母のことを考えたのです。この暑い中、母は洋服を買いに出かけたりできないでいるかもしれない。とはいえ、ネットで買う事も出来ない母。昨年の夏服はきっと今年は暑いだろうし。

 このTシャツを買って、送ってあげようか、と思ったのです。

 でも同時に、「気に入らないかも」「いらぬお世話かも」とも思い、躊躇してしまう自分もいます。

 私自身が、人から、欲しくないものを貰うのが、本当にストレスなタチなので。相手は良かれと思って下さるのが分かっているだけに、何も言えないし。

 母に電話で「こういうTシャツあるけどいる?」と聞いてもいいけど、実際に着てみないことには、気に入るかどうか、母自身も分からないだろうなあ。

 かなり逡巡した末に、送るのではなく、持っていこう、と思いつきました。実家へは、車で、うまくいけば40分。阪神高速にのるので、渋滞があると1時間以上かかったりもします。平均往復2時間かけて、Tシャツ1枚届けるのもどうなのか、と思ったのですが、この方法が一番良い、と思いました。

 というわけで、来週あたり、実家に行こうと思っています。

 私自身が、できるだけいらない物は貰いたくない、家に物を増やしたくない、という性格でなければ、サクッと送って終わる話だと思うのですが。共感して下さる方がおられたら嬉しいので、書いてみました。

 f:id:oinor-i:20200628121553j:plain

大阪城公園のお花です。ヒトデみたいな濃紫がかわいい。