書くしかできない

過ぎていく日々を書き留めています

エアリズムマスクを求める列が怖いと感じた。

  今朝、用事で街に出てまして、たまたまユニクロさんの前を通ったら、ちょうど開店時間の10時頃だったのですが、もの凄い行列が出来ていて驚きました。

 もしや、、と思いネットで調べたら、まさに今日が、エアリズムマスクの売り出し日でした。

 それにしても、すごい人の列の長さです。ざっとした目算ですが、2000人は並んでいたと思います。ユニクロのある通りを延々過ぎて、角を曲がってまだ列は続いており、更に続々と人が最後尾に並びに行っています。

 マスクは一人同サイズ1袋(3枚入り)のみしか買えないらしいので、もしかしたら一つのサイズにつき2000袋以上づつ用意があるのかもしれませんが、だから、2000人の最後尾でも買えるのかもしれませんが、清算にかかる時間を考えたら、いったい何時間かかるのか。。。

 ユニクロさんの清算は自動ですが、操作の時間が多少はかかるから、どう短く見積もっても、一人1分はかかります。あのユニクロさんの店舗の清算機械の数は何台だっただろう?仮に10台だとして(そんなになかったと思うけど)、2000分÷10÷60で、3時間以上です。

 いやいやいや、、、すごく大変、、、。1袋(3枚)の為に3時間、、。

 エアリズムマスクって、そんなに人気あったんだなあ。他のメーカーからも、今、続々と夏マスクは売り出されているし、不織布マスクも値下がりしてきていて50枚800円くらいで買えるようになっています。なのに、エアリズムマスクがどうしても欲しい、という人がこんなにいるなんて。

 物が売れない、と言われる時代ですが、一旦人気に火がつくと、我も我もと「どうしても買いたい」人が爆増するのだなあと思いました。まったく売れないか、もしくは通常営業が不可能になるほどの客が押し寄せるか。

 人気に火がついた時の客の数の激増ぶりを、今朝は目の当たりにして、少し恐くなりました。

 並んでいる方々は、ごく淡々と並んでおられるのです。普通の方々です。何かに熱狂的になっているとか、そんな感じではなく。若い方からお年寄りまで、女性も男性も。普通に並んでおられる。

 マスクが無いなら仕方ないけど、今、街にはマスクが溢れている。でも、エアリズムマスクを求めて、実際に並んでおられる方々が、目の前に延々と続いている。

 その光景が、私には「怖い」と感じられたのでした。理解できないから怖いのか、或いは、その方々が無駄にされる(ご本人は無駄とは思っておられないのに僭越ですが)膨大な時間(2000人×数時間)が怖いのか、考えながら、帰路につきました。

 

 f:id:oinor-i:20200619111121j:plain