書くしかできない

過ぎていく日々を書き留めています

他人から引きずり降ろされない為に。

 今日も良いお天気ですね。一昨日の夕方かな、お散歩していましたら、夕暮れの淡い空に、ぼんやり十字の雲が見えました。桜井識子さんによると、十字の雲を見るのは縁起が良いそうです。ブログにも、「こんな雲です」と画像が載っていました。とてもハッキリした十字の雲でした。それに比べると、私が見た雲は、ぼんやり度が相当高い、、、。でも十字は十字!と自分に言い聞かせ(笑)、だから縁起いいんだ!と思い込んでおります。

 この雲です↓どこが十字?と思われた方、ええその通り、無理やりです、、f:id:oinor-i:20200524113448j:plain

 

 さて。

 自分の過去記事を読んでいまして、すごく熱量を持って書いた読書記録を見つけました。昔の記事なので、お読みでない方も多いかなと思い、貼っておきます。私自身、久しぶりに読んで、「ああ、そうだった。気を付けないと」と思ったので。

 

oinor-i.hatenablog.com

 

 この記事を書いた頃は、今よりもずっと私自身のストレス度が高く、必死で生きていた記憶があります。息子の状況も、今よりずっと大変でした。明日がどうなるのか分からない中で、毎日手探りで頑張っていたなあと懐かしく思います。

 あの頃は、息子が今のように落ち着いた子になるとは想像もできなかったし、姉と疎遠にする事を決断するなんて事も、思いもしませんでした。

 未来は本当に、分からないものですねえ。

 でも、「自分がやるべき事をやり、やってはいけない事はやらない」、これを守って生きていれば、まず不幸な未来は来ない、と最近分かるようになりました。

 人から攻撃されない為にどうすればいいのか、これを分かっている事もまた、不幸になるのを防ぎます。上に貼った記事で紹介させて頂いた本は、そういう意味で、とても役に立つ本だと思います。

f:id:oinor-i:20200523142542j:plain