書くしかできない

過ぎていく日々を書き留めています

おこもり生活四日目

 今日も晴れですが、少し肌寒いですね。しまっていたヒートテックとカシミヤセーターを引っ張り出して着ました。これで、暖房入れずにちょうどいい感じ。最高気温は15度だそうです。週末も寒いそうなので、ヒートテックとセーターを2枚づつ出しておきました。

 昨日は、息子の大学の手続きを一気にやりました。以前にもやっていたのですが、登録が完了してすぐには出来ない手続きがあり、数日経ってから最終手続きをやったという感じです。テキスト購入も終了しました。ああ面倒だった。

 テキストは、大学が提携しているネット書店にオーダーを入れ、大学が指定した日に、自分がオーダーしたものを大学まで取りに行くという要領なのですが。このご時世なので、取りに行く日程がまだ未定なのです。大学側は、もしかすると郵送するかも、と言っていました。送ってくれるなら、そのほうがこちらは助かりますが、いずれにしても、いつテキスト類が手に入るのかが分からないので不安です。お金は全額払い済みなのに、講義が終わってからやっとこさ届く、とか止めて欲しい。でも何があるか分かりません。

 オーダーの仕方が面倒で。一つ一つの講義の内容説明の画面をいちいち出し、必要なテキストを調べ、書店画面に記入していくのですが、このオーダーシステム、途中で「戻るキー」を押してしまうと、今まで記入した記録が全部、白紙に戻ってしまうのです。8冊目で間違いに気づき「戻るキー」を押すと、今まで記入した8冊分全部のオーダーが消えてしまう。間違えて記入しても、そこだけ訂正する、という事ができない。また最初の一冊目から記入し直しという悲劇。何度息子と悲鳴をあげた事か。あれ、どういうシステムなんでしょうか、。

 で、更に面倒なのは、テキストの中には、大学提携のネット書店に無い本もあるからなのです。そういう場合は、外で探してくれ、という大学側の言い分なので、アマゾンと楽天、両方で探して、とりあえずなんとか必要なものは全部は注文し終えました。が、このご時世、ちゃんと届くのか。中には、取り寄せでお届け日不明、というようなテキストもあり。不安です。

 ですがまあ、手続きでやるべきことは全て終えたので、後は、大学からネット講義開始の連絡が入るのを待つのみです。どんな感じになるのでしょうか。

 

 今のところ、息子は、登校しない生活を、まあまあ楽しんでいます。やる事がないので、私が専門書(息子の専攻科目の)を一冊適当に購入し、それをコツコツ丸暗記しています。英語で言えば単語帳みたいなものです。見たら覚える息子にとっては、楽しい作業のようです。どうせ大学在学中に全部覚えなくてはいけないものなので、この休校期間に全部覚えてしまえばいいかなと。

 そんな感じで、日々やる事をもらい、後はマイペースで過ごすのが、息子にとって一番合った生活スタイルのようです。7時に起き、0時に寝て、7時半、12時半、19時、に食事をする、と生活パターンは毎日一定で、これも彼にはラクなようです。私も、息子にひきずられて、規則正しい生活ができるので、助かります。

 夫のほうですが。社員さんは別として、彼自身はまだ会社に行っています。電車通勤はやめて車通勤に変えました。会食がないので飲まないので、車でも問題ないですし。会社でも自分の部屋から出ないようにしているとのこと。お昼は自分の部屋でお弁当を食べています。会社に行っているとはいえ、誰とも接触していないので、しばらくはこの感じでいくようです。 

 私のほうは、散歩、スーパー、家事、読書、で日々を過ごしています。別段、とても楽しいというわけではありませんが、とても苦しい、という感じでもなく。常に家に息子がいる(一人になれない)という緊張感や、どこかに行きたいと思いついても行けないという閉塞感が、多少しんどいかもしれません。でも、さほどでもないです。毎朝顏を洗った時に、肌がつるつるなので、意外とストレスは無いように思います。

 こういう日々が一年続くのも、まあ、有りっちゃ有りかなと、思うようになりました。おこもり四日目にして慣れてきた。不幸の濃淡にもよりますが、人間、淡い不幸なら慣れるものですね。もう、電車に乗らなくなってから2か月たちます。ビックリ。コロナ以前は、数日に一度は地下鉄なりJRなり私鉄なり、何かには乗っていましたから。コロナ以降は、徒歩や自転車で行けない所に行かねばならない時は、車一択です。電車の存在を忘れてます。万が一、大学が後期から始まっても、息子の定期は買わないほうがいいだろうな。また休校になるかもしれないから。

 昨日までは、テレビ局のものでしょうか、上空をヘリコプターがブンブン飛んでいる音がうるさかったのですが、今日は静かです。歩く人も減って来たし、車の数も減って来たように思います。街が静かになって、個人的には落ち着きます。大阪は人が多過ぎたんだなあ。特にここ数年は、インバウンドという事で、中国や韓国からの旅行者の方々が本当に多くて、住宅街である我が家の横の公園が集合場所になってたりして、驚いたことがあります。当然ですが、そういう方々ももういません。

 

 今日は、手持ちの現金が足りなくなってきたので、銀行に行って来ます。

 ではでは、また明日。

 

f:id:oinor-i:20200405114424j:plain