書くしかできない

過ぎていく日々を書き留めています

良い季節に限って体調を崩す不思議

  今朝起きたら、喉がイガイガします。。もともと喉が弱い性質で、季節の変わり目に、喉をやられるのはよくある事で、よくある事だけに、こじらすとえらい事になるのも、よく分かっていまして。

 従って、急いで、下記の対策をとりました。

①ウガイを頻繁にする(アスレンうがい液)

マヌカハニーを舐める。

③紅茶を飲む。

④マスクを常時しておく。

⑤暇さえあれば寝る。

⑥喋らない。喋る時は小声で。

 以上の対策をとると、私の場合、大事に至らず、大抵は治るのです。

 ただ、日常生活は、一気につまらなくなります。

 なので。早く治ってくれる事を願っています。せっかくの良い季節なのに。出かけたい先が沢山あるのに。残念過ぎます。

 でも。これ、毎年繰り返している気もするのです。つまり、冬や夏、季節が悪い時は大人しくしていてなんとか凌いで、季節が良くなったら、あそこに行こう、ここにも行こうを楽しみにしている。で、春や秋の爽やかな気候になって「さあ、活動しよう!」と喜んでいる矢先、季節の変化に体がやられて体調を崩し、せっかくの良い季節を活かしきれない、という事。

 これ本当に、毎年です。数年前は、一年なかった生理が急に始まって、一カ月たっても終わらないという地獄のような状態になったのも、秋でした。最後は病院で止血剤をもらって止めました。せっかくの秋なのに、貧血でフラフラしてどこにも行かないうちに、冬になっていました。。どうせ生理が再開するなら、家に閉じこもる冬か夏にして欲しかった、、。なぜ秋?

 今年はそんな事のないように、さっさとこの喉を治すんだ!!と、マヌカハニーを舐めまくっています(取り過ぎも悪いですよね)。

 一気に寒くなってきましたので皆様も体調にはご用心下さい、と言われても、お忙しい日々の中で、用心したくても出来ない場合があるかもしれません。それでも、皆様が健康で、こころゆくまで秋を楽しめるといいなあと思います。

f:id:oinor-i:20181012122055j:plain