書くしかできない

過ぎていく日々を書き留めています

刑務所の囚人でした

 今年の夏は、私、刑務所の囚人のような日々を送っていました。

 (あ、今日は愚痴ブログになります)。

 今年の夏、ここ大阪は、7月に入ってからずっと35度超えで、ほとんど雨も降らず、夕立すら全くなく(だから気温も下がらず)、異様な暑さで、「不要不急の外出は控えるように」と連呼される有様。エアコンのない小学校は、夏休みが延長されるし、夏休みのプールは中止になるし。プールの水温が高くなり過ぎるのだそう(温水になってしまうのだそう)。

 なので、私もあまり遠出のお出掛けができません。無理に遠出すると、熱中症のような症状になってしまうのです。私の体温は35.5度なのですが、外気温がこれを超えると、テキメン体が不調をきたすようです。この二か月間、ずっと35度超えなので、家にいるしかありません。外に出るのは日が暮れてからなので近場に限られるし、その時間帯ですら猛烈に暑い。

    運動の為、屋内プールには行っていますが、恐ろしいことに、屋内プールのプールサイドすら暑いのです。プールサイドを歩いている間に熱中症になりそう。そして、プールの水が、これまた熱い。お風呂より少しぬるいかな、という感じ。屋内なのに、、。なんか、プールに行くのも怖くなります。

 家にいて、毎日毎日、ぐるぐると、料理をして片づけをして洗濯をして干してとりこんで、片付けして掃除して、といった家事の無限ループ。夏休みは子供はもちろん、夫も家にいる日が増えるので、世話する家人が増える分、家事も増える。トイレなんか、一日3回も4回も掃除してる気がします。さっき掃除したのに、また汚れてる、、、。また臭い、、、。ブラスでこすって雑巾で拭いて、ああ綺麗になった、とドアをしめて、数時間後、トイレに行ったら、また汚れてる、、、。また臭い、、、。またブラシでこすって雑巾で拭いて、ドアを閉める、数時間後行ったら、また汚れてる、、、。

 いやこれは、トイレだけでなくお風呂や洗面所、キッチンといった水場は全部そうで、片付けても片づけても、片付けたはしから汚されていく無限ループの極み。私一人なら、水場はほとんど汚れないのです。汚さないように気を付けて使うし、汚したらすぐその場で綺麗にしておくので、後で改めて掃除する必要がない。でも、男達はそうではないので。自分に責任のない所では、人は、かくも傍若無人になれるものなのだなあ、といういい例が、家庭内でも見られます。私も、私に責任のない所では、無責任になっていると思うので、人の事は責められません。

 季節のいい時は、家事は午前中の早い時間にパッと片づけて、行きたい所へ出かける、という生活の仕方ができるので、ストレスがたまらないのですが、今年の夏は、外に出て気分転換ができなかった。ずっと家に閉じ込められていたので。8月も終わりになってくると、季節の良い時期にためていたポジティブの種のようなものが、残り少なくなってきたのを感じます。ヤバいなあ。しんどいぞ。

 この酷暑、9月の初旬までは続くそうで。若干、不安になってきました。まあ、不安になろうがどうなろうが、耐えるしかないわけですが。

 昨年の冬も寒くて、1月2月は外出しずらかったのを覚えています。今年もそうなるのかなあ。以前は、真夏でも真冬でも、暑い寒いと言いながらも、平気で外出していましたが、もうそれが難しくなってきました。年齢のせいなのだろうか。

 被害者意識と悲観的観測丸出しで書くなら、宇宙のバランス調整でこの酷暑極寒が起こっているなら(宇宙の絶対神の采配で)、もう宇宙の絶対神は、人間なんかいなくなっていい、と思っているように感じます。いなくなっていい、というか、いないほうがいい、というか。

 どれだけ神仏が慈悲深く、人間を助けて下さっても、宇宙全体のバランス調整観点で人間は不必要・排除すべし、という流れになっているのなら、キリがない、救われない、どうしようもない、という風に思ってしまいます。人間がいて幸せなのは人間だけなので。それ以外の生物にとっては勿論、宇宙全体として、人間なんか不要、なのだろうなあ。だからこその、この酷暑極寒。どれだけジタバタしたところで、いずれ私達は消えていくのだろう、そんな風に思ってしまいます。

 駄目だ。外出するという気分転換を奪われると、人間、ここまでストレスが満載になるものなんですね。悲観的な思考から抜けられません。暑くても死ぬ気で出かければいいのでしょうが、今年の夏、何回かそれをチャレンジしたのですが、毎回気分転換どころか、目的地までの道中で熱中症に倒れそうになり、その後数日吐き気や頭痛で苦しんだので、こりました。

 当分は、刑務所の囚人で暮らします。命あっての物ダネ、です。皆様も、どうぞくれぐれもお気を付け下さい。関東のほうは、明日あたりから多少涼しくなるようで、何よりです。関西以南の私たちの出所時期はまだまだ先。当分苦境が続きますが、耐えませう。しかし、一体、何の罪で服役させられているのでしょうか。。

f:id:oinor-i:20180731185736j:plain

 たっぷり愚痴を書いたので、少しだけ元気が出てきました(笑)。