書くしかできない

発達障害の息子、夫、私。過ぎていく日々を書き留めています

初夏のアイスコーヒーと断捨離

 5月なのに最高気温が30度近くの、初夏のような日が続いています。わりと夏が好きなので、私としてはご機嫌というか、快適だなーと思いながら暮らしています。

 朝起きて、暑い空気がもういいですよね。暑くってちょっとだるい感じが。キッチンに行って、大き目のグラスに氷をカランカランと入れて、牛乳を7割エスプレッソを3割。真っ白い牛乳の上から、焦げ茶色の液体が落ちていく様に、しばし見とれる。

「アイスカフェラテ」の画像検索結果

 マドラーでクルクルと混ぜて均一にしたら、窓際に立って外を眺めながらすするのが好きで、心の奥のほうからぼんやりとした多幸感がやってきます。カフェインのなせるわざなのか、それとも、初夏のこの少し暑い風のせいなのか。自分が自分で良かったと、わけもなく思える時間です。

「アイスカフェラテ」の画像検索結果

 さて。

 数日続けて手持ち服を記事にまとめてみたわけですが。目的は「断捨離」のはずなのに、何も捨ててないじゃないか、ただ持っている服を並べているだけじゃないか、と思われた方も多いかと。

 違うんです。説明させて下さい。

 実は、私の手持ち服は、写真に撮った量の2倍~3倍ありまして。全部を写真に撮ったわけではなく、写真に撮ろうと決めた段階で、取捨選択を行ったのです。写真に撮る気がしなかった、選から漏れた服は、自然に処分を決心する事ができました。つまり、写真に撮るというひと手間を自分に課したおかげで、何かの強制力が働いて、「自分に必要な服、必要でない服」の線引きが、見事にクリアにできた、というわけなんです。

 更に、一つひとつを記事に書く事で、「私はこれらの服が、本当に好きで、気に入って買ったんだった」という事を、改めて思い出せました。好きなものをこんなに手に入れて、手元に置いて、日々使い続けていられる幸せに、思いを馳せる事ができました。

 ブログをやってて良かったなあと思います。見て下さった方、有難うございました。

 服はまだまだ沢山あるので、またジャンル分けしながら、載せていきたい、そして断捨離を進めたい、と思っています。

 ではでは、どうぞ良い初夏の一日をお過ごしください。私は今日は何をしようかな。