書くしかできない

発達障害の息子、夫、私。過ぎていく日々を書き留めています

季節が戻って肌寒い日の春の服

f:id:oinor-i:20180423074909j:plain

 引き続き、断捨離の為に、手持ち服の確認をしたくなり、服のブログを書いています。

 本日の天気は、雨のち曇り、時々晴れ。最高気温は、21度。最低気温は14度。湿度が高いので、寒いけど蒸し暑い瞬間もあり、複雑な気候の日。

 今日来た服は、

f:id:oinor-i:20180509113954j:plain

ozocのロングカーディガン(今年)

ローラアシュレイのワンピース(30年ぐらい前のもの)

ユニクロの長袖カットソー(今年)(下に着てます)

です。

 

f:id:oinor-i:20180509113611j:plain

 ozocのロングカーディガンは、たまたま行ったモールで、たまたま見つけて衝動買いしました。レーヨン素材ですが、厚みがあるので、そこそこあたたかいです。春先のロングカーディガンは4枚持っていて、3枚はコットン100%のもの。コットンは保温性が高いので好きなのです。昔はコットンニットは重い、というイメージがありましたが、今のコットンニットは軽くて扱いやすいです。ですが、これだけはレーヨン混。買うかどうか迷いましたが、色がいいなあと思って、買ってしまいました。迷ったわりには、意外と活躍しています。安心の厚みと、やはり色が好きだからかな。でも、保温性はコットンのほうが上ですね、やはり。もうレーヨンは買いません。

 

f:id:oinor-i:20180509113624j:plain

 ローラアシュレイのワンピースは、ノースリーブです。年齢的にローラアシュレイ最盛期だったので、そこそこ持っています。一部を一緒に撮ってみました。このあたりはわりと着ます。ローラアシュレイのお店、無くなってしまって残念です。時代に合わなくなったのかなあ。上品な花柄が大好きでした。品質の良さも魅力で。このワンピースなど、30年着続けてきましたが、まだまだ現役。色も褪せないし形も崩れていません。多分一生着れる。あと、ショップ店員さんも上品な感じの方ばかりで、お店に行くのが楽しみでした。バブルの時代のショップ店員さんって一種独特で、何気に「神」の雰囲気をまとっておられる方も多かった気がします。懐かしい。

 

f:id:oinor-i:20180509113639j:plain

 ユニクロの長袖カットソーは、春・秋は結構着るので、毎年まとめて買い替えます。今年は、こんな感じの色・枚数を購入。今年のは生地が少し厚め硬めで、サイズも大きめな気がします。こういう感じで、今日みたいに何かの下に着ると、もたついてしまいます。昨年のは、フィット感がよく柔らかかったのですが、、。来年に期待。

 

 普段はノースリーブワンピースの下に、長袖カットソーを合わせる、という事はしないのですが、今日は格別に寒かったので、建物の中でもカーディガンを脱ぐ事はないだろうと見越し、あたたかさ重視で着こみました。これでも外に出たら風が寒かったので、この上から、ユニクロのグレーのトップコート(?)を羽織りました。いつ買ったか覚えていないし、正式名称も分からないのですが、撥水性があって薄くて小さくたためて皺にもならないのでずーっと使ってます。前を閉めると結構あたたかい。写真だけ↓。

f:id:oinor-i:20180509113650j:plain

 ちなみに、私は、基本的にアクセサリーはつけません。ストール・スカーフ類も、あまり好きではありません(寒い時、仕方なくつける事はあります)。理由は、邪魔だから(笑)。首や肩が凝ってしまって、というのは言い訳で、多分、面倒なんです。靴とバックも、ほぼ毎日同じで固定です。ラクなんですが、お洒落ではないなあ。

 写真、フラッシュたいてみましたが、さして変わらず。外が明るいお天気の日じゃないと、もう仕方ないみたい。画面が暗くてすみません。