書くしかできない

発達障害の息子、夫、私。過ぎていく日々を書き留めています

春に大掃除

 私は、春に大掃除する事にしています。冬は寒くて水を触りたくないし。夏は暑くて無理するとすぐ体調を崩すし。秋はあまりにも季節がいいので、外出ばかりしてしまうし。春も季節はいいのですが、いかんせん、子供の新学期という事もあり、何かあった時にすぐ対処できるように、あまり外に出たくないのです。自宅待機。というわけで、消去法で、春に大掃除をする事にしているのです。

 いつも、まずは自分の部屋から掃除します。毎年やってるのに、どうしてこんなにいらない物が一杯出るのだろう。不要物を処分して、隅から隅まできちんと片づけてしまうと、部屋が3割増し広くなります。とっても気分がいい。学校から帰って来た息子が、開口一番、「お母さんの部屋、広くなったね」。ちょっとした変化にすぐ気が付く彼らしい。なんだか褒めれた気がして、更に良い気分になりました。

 今回出た不要物は、本が多かったです。段ボール二箱分(!)。本はできるだけ買わないように、図書館で借りるようにしているのですが、それでも、図書館に無い本もあるので、どうしても増えてしまいます。私は読書が生活の一部なので(一カ月に最低でも10冊は新しい本を読みます)。

 指輪をコメ兵、服をzozotownに売った勢いで、本は「買取り王子」に売る事にしました。今現在、集荷依頼を申し込んだ所。段ボール二箱分に詰まった新刊本(およそ50冊)が、一体いくらになるのか、また結果をご報告したいと思います。

 それにしても、大掃除をすると、手が荒れます、、。乾ききってガサガサになり、びっくりします。いつもルーティンの掃除はしているのですが、こんなには荒れませんし。触る埃の量が違うのかしら。そんなに根を詰めたつもりもないのですが、足腰も重くて痛いです。年をとると本当に、大掃除が出来なくなりますね。体が動くうちに、片づけやすい不要な物のない家に、しておかないといけないと、改めて思いました。

f:id:oinor-i:20180114113004j:plain

 大掃除の時はいつも、You tubeで音楽を流しっぱなしにします。今回の掃除のお供は、平井賢さんで。理由はないのですが、なんとなく。今日はコレをずっと聞きながらやっていました↓。

 https://www.youtube.com/watch?v=VHhOuVaxoS4