書くしかできない

過ぎていく日々を書き留めています

沖縄旅・通った海岸


【素材】流れる雲にフリー音楽をつけた【ダウンロード可】

↑海岸で雲を眺めている気分の音楽を見つけたので貼っておきます。良かったら。。

☆☆☆

 ホテルの真下にビーチがあり、ウォーターアクティビティーが出来、ボート等で少し沖に出て魚が見れたりもしました。私はこの海岸が、すっかりが気に入ってしまいました。というのも、人がいない、のです。別にビーチ入場料をとられるとか、そんな事もないのに、観光客がいない。広い海岸を独り占めです。入り口に小さな事務所があって、その隣りにローソンがあるので、何かと便利でもあり、私は暇さえあればここに入り浸っていました。

 以前、小林聡美さんという女優さんが主演された映画に「めがね」というのがありました。沖縄の鄙びた島に滞在する女性を淡々と描いた映画で、女性は日がな一日、誰もいない海岸で編み物をするのです。目の前は海。上には空。私はその映画を見て、とても憧れました。いつか、自分もこういう事がしたいなあ、と思ったものですが、同時に、そんなの無理だろうなあ、とも思っていました。今日び、誰もいない海岸なんて、よほど鄙びた所に行かないと無理だろうと。観光客であふれている年末年始の沖縄本島で、まさかそれが実現するとは思ってもいませんでした。

 その海岸では、目の前に、映画「めがね」の世界が広がっていました。

f:id:oinor-i:20180105090634j:plain

 誰もいないのに、どこかにあるスピーカーから、ゆるい音楽が小さく流れていて、その音楽に凭れるようにしてぼーっと座っていると、時間の感覚がなくなります。夫と子供が沖縄観光に出かけている間、私はここでぼんやり時間を過ごしました。

f:id:oinor-i:20180105090757j:plain

誰も使わないビーチバレーコート。

f:id:oinor-i:20180105090827j:plain

暑くなると日陰で休み。

f:id:oinor-i:20180105091013j:plain

風に吹かれるヤシの木。

f:id:oinor-i:20180105091553j:plain

透明な海。

f:id:oinor-i:20180105091631j:plain

広い空。

f:id:oinor-i:20180105091718j:plain

 見上げると、大きな空の下に、私一人がぽつんといる、そんな不思議な感覚。何も無い快適さを、ぞんぶんに味わえました。

 ついでに、家族で、魚を見るボートにも乗ってみました。私は魚より、どこまでも広がる海原を楽しみました。

f:id:oinor-i:20180105092409j:plain

f:id:oinor-i:20180105092342j:plain

f:id:oinor-i:20180105092448j:plain

 ボートから上を見たらやっぱり広い空で、大きく深呼吸。魚は一切探さず終わりましたが、夫が「熱帯魚みたいな綺麗な魚がびっくりするほど沢山いた」と喜んでいました。見ればよかったかなー。一方、息子は、魚も探さず、海も眺めず、ただボートに物理的に座っているだけでした。彼は自然には興味がないので・・・(笑)。無理にボートに誘ったわけではないのですが。いつもこういう時、少しかわいそうに思ってしまいます。あと、息子と感動や楽しさを共有できない事が、少しだけ寂しかったり。でもこういう寂しさは、私の身勝手だと、本当は分かっているのです。