書くしかできない

過ぎていく日々を書き留めています

沖縄旅・滞在ホテル

 沖縄で滞在したホテルの事を少し書いておきます。「かりゆしリゾートオーシャンスパ」という名前のホテルでして。。何故ここに泊まる事にしたのか、今となっては思い出せないのですが(何せ夏休みに予約したので記憶が遠すぎて)多分、飛行機とセットになっていて、ここに泊まらざるをえなかったのだと記憶しています。初めて泊まってみた感想は、正直、、、可もあり不可もあり、という感じでした。

 良かった点も沢山あったのですが、「あり得ないでしょう」と思う点のその「あり得なさ」が残念でした。とほほ。

 良かった点ですが、一番は、すぐ近くにある「かりゆしビーチ」が穴場だった事。とても綺麗で雰囲気もいい広々したビーチなのに、人がいないのです。ビーチについては改めて書きます。素敵だったので。

 他の良かった点としては、これは特出すべき!と思うのですが、廊下がどこも良い香りがしているのです。それも私の大好きな系統の香りで。最初、フレグランス系の何かを空調から出しているのか、と思っていたのですが、違いました(もし、フレグランスなら、その名前というか商品名を教えてもらいにフロントに聞きに行こう、と思ったぐらい、良い香りでした)。でも、その良い香りの正体は、コレ↓だったのです。

f:id:oinor-i:20180104143639j:plain

 廊下のところどころに、生花の大きな花瓶が飾ってあるのです。それも、香りの強い系の花ばかり。廊下に漂っていた香りは、ケミカルな芳香剤などではなく、生のお花の香りだったのです。さすが南国、沖縄。ホテルにいると、何かとお部屋から外へ出る事が多いわけですが、廊下に生花の良い香りが漂っているので、とても気持ちが良かったです。写真を見るだけで、あの時の良い香りが思い出せるくらい、記憶に染み込んでいます。

 あと、フロントの方の対応が良かったし、お部屋もわりと綺麗でした。バルコニーからの眺めも綺麗で、和めました。わりと広めのバルコニーだったので、私はここで朝晩ストレッチをしました。家では外気の中でストレッチをする事は無いので、空を見ながらストレッチができて、気持ちよかったです。

f:id:oinor-i:20180104143610j:plain

 イルミネーションも、まあ、そこそこ綺麗でした。行くまでは、イルミネーションが楽しみ、と思っていたのですが、結局、ホテルのを少し見たぐらいで、他には行きませんでした。やはり沖縄では、自然の中にいるほうが心地良かったです。とはいえ、イルミネーションの写真も少し。。。

f:id:oinor-i:20180104143422j:plainf:id:oinor-i:20180104143520j:plain

f:id:oinor-i:20180104143352j:plain

 今後、このホテルに泊まろう、と考えておられる方の為に、残念だった点も少し書いておきます。

 初日、激混みの空港やレンタカー受け渡しをやっと終え、くたくたになってホテルに到着したのですが、ホテルの前の駐車場が一杯で入れないのです。係りの人の姿もなく、途方に暮れて駐車場をうろうろしていたら、やっと、若い女の子の駐車場係りの方を見つけ、「どこにとめたら?」と聞いたら、「満車なので、下の駐車場に行って下さい」と指示されました。このホテルは丘の上にあり、確かに、丘の下にも駐車場はありましたが、別のホテルの駐車場に見えたのでスルーして丘を登って来てしまったのです。もし上の駐車場が一杯なら、下の駐車場前に係り員を置いて、宿泊客の誘導をすべきじゃないのか?と思いました。そうしたら、無駄に上まで上がってくる必要がなかったからです。「なんだかな、、、」と思いながら、もう一度丘を下って下の駐車場に車をとめたのはいいのですが、私達の荷物は、大きなスーツケースが二つ。これを押して急な坂道を、丘の上のホテルまで登れと?マジで?送迎バスが出てるとか、送迎カートがあるとか、何かないのかしら、、と思ってしまいました。その日に泊まる宿泊客の数は分かっているわけで、駐車場が足りなくなるのも分かっているわけで。だったら、それなりの対応を前もって考えておくべきじゃないのかしら、、、と。

 あと残念だったのは、レストラン。お料理がどうのこうの、というよりも、「在り方」というか、常識に驚いてしまいました。初日の夜、外に食べに行くのも面倒だなーという事で、ホテルのバーベキューができるメインレストランに行ってみたのですが、、。そのレストランは、バーベキューとバフェが一緒になっており、バーベキューの材料だけでなく、いろんな沖縄料理もバイキング形式で並んでおり、家族連れに人気のようでした。営業時間は夜10時まで、と書いてあったので、私達は少し時間をずらして8時頃に出かけました。バーベキューなので焼くのに少し時間がかかったりして、本格的に食べだしたのは9時前頃。ところが、9時になった時点で、並んでいた全ての材料やお料理が、デザートにいたるまで、片づけられてしまったのです。

 最初、その事に気づかず、お気楽に食べていた私達が、お肉の追加を取りに行こうとして立って初めて、全部片づけられている事に気づきました。お客は、私達だけではなかったのです。他にも残っていたのに、全部片づけてしまうなんて。

 お店の方に聞いてみたら、いつもそうしているから、との事。でも営業時間は10時まで、なのですよ。バイキングレストランで、閉店の1時間も前に、すべて片づけてしまう所なんて、初めてです。それもホテル内の、決して安くないお店で。

 私達はもう、それ以上食べる気がしなくなり、コーヒーだけ飲んで帰る事にしました。でも、コーヒーはかろうじて残っていたものの、デザート類は全て片づけられてしまっていて。さすがにこれは酷い、と思い、デザートを1種類だけ、出して来てもらいました。実はその時の、ウェイターさんの言い方もどうかと思ってのです。デザート皿を私達の前にドンっと置いた彼は、「どうぞ、お好きなだけ~」とせせら笑うように言ったのです。「え??」と血の気が引く思いがしました。私達が何か不当な要求をしたかのような、私達がとても卑しい人間なような、そんな言われ方。ちょっと、あり得ないな、、、、と思ってしまいました。

 初日の夜からコレだったので、いきなりテンションが下がり、そこからはあまり期待しないように気を付けて、残りの日々を過ごしたのでした。。。お部屋の清掃が終わってもタオルの補充が全くない、とか、スパの係りの人が(というか従業員さんが一般的に)無愛想で怖い、とか、色々ありましたが、、。

 もしかしたら、全てが、のんびりした沖縄人気質のなせるわざ、なのかもしれません。でも、今まで泊まった沖縄のホテルでは、こういう事はなかったので、、、やはりこのホテル特有じゃないかなあと思います。勿論、ほとんどの従業員さんは一生懸命働いておられると思いますが、私とは相性がよくなかったかなあとそこが残念でした。

 でも、ビーチは穴場で大満足だったので、次回はその事を書きます。