書くしかできない

過ぎていく日々を書き留めています

探し物はとりあえず諦める派

 しばらくゆっくりしておりまして、ブログも書いておりませんが、今日はちょっと書いておこうと思う事があったので、書きます。

 モノをなくしてしまう事、私は時々あるのですが、少し探して見つからない時には、もうそれ以上は探さない事にしています。モノって、なくした直後はまず見つからない、というのが、私の個人的な経験値なのです。で、そのなくし物は、時間が経ってから、ふと意外な場所で見つかるのです。

 モノをなくしたら、とりあえず諦める。というのが個人的な信条です。

 今も、カメラの小さな部品を一つ、ポロリと落としてしまいました。それが床にあたった時の「コツン」という音は聞こえたので、床に落ちたのは間違いないと思うのですが、落ちたであろう床を1分程見てみたのですが、何もない。

 どこ行っちゃったのかなー。

 最悪は、部品取り寄せだなー、と諦めて、もうこれ以上は探しません。おそらく90%の確率で、数日後にどこかから見つかると思うのですが、なければ仕方ないな。

 これから冬休みに入って旅行に行ったりするので、カメラも使うだろうと思って、ちょっと手入れしておこう、と思った行動が、こういう結果になってしまいました。。

 ちなみに私の夫は、なくし物をしたら、見つかるまで探し続ける人です。1時間でも2時間でも、イーッとなりながら探し続けます。家中ひっくり返すので、周囲はたまったものじゃありません。彼がイライラしながらドタバタ探し物をし続けている間は、私にもそのイライラが伝染して落ち着けません。しかも100%の確率で、その時は見つかりません。運が良ければ、時間がたって忘れた数日後に、ひょこっと見つかります。

 私は、そういう夫を見ているので、探し物はとりあえず早めに諦める派なのです。だって絶対に見つからないんだから、探すだけ時間の無駄なんです。

 こういう、「まずは諦めるところから始める」という姿勢、私の生き方の基本だとふと思いまして、ブログに書いてみました。ごり押ししない、というか、無理はしない、というか。私なりに「こうなったらいいなー」という欲はあるのですが、何が何でも今それを実現しなければ!とはやらない。無理そうなら、まずは諦め、時間が熟すのを待つ。待っても実現しなかった事もあるし、意外な形で実現した事もありました。これがいいやり方なのかどうか分かりませんが、マイスタイルではあります。

f:id:oinor-i:20171205081814j:plain

青と赤のコントラストが美しい。