書くしかできない

発達障害の息子、夫、私。過ぎていく日々を書き留めています

何もない時間が嬉しい

 神社仏閣巡りも一段落ついて、また静かな日常が帰ってきました。毎朝、音楽を小さく流しながらストレッチをして、その後そのまま瞑想するのが日課です。

 目をつぶって瞑想していると、今がどこなのか、私は誰なのか、全部がすっかり消えてしまい、ただ雲の上をたゆたうような何もない時間が過ぎていきます。今日も明日もこうやって、何もない時間を過ごせる事がとても嬉しいです。

 

f:id:oinor-i:20171018120026j:plain

 いつも不思議に思うのですが、ビルの上層階から見る空と、地上から見上げる空は、全然違って見えます。私は、地上から見上げる空が好きです。