書くしかできない

発達障害の息子、夫、私。過ぎていく日々を書き留めています

約束は守れる。公平が理解できる。

 これ、書いたかどうか忘れてしまったので、、、、念のために書いておこうと思います。

 息子のことで。

 息子が私に、24時間笑っていて欲しがる事は、書いたでしょうか。息子は、私が疲れた顔をしたり、不機嫌な顔をするのを、とても嫌がります。

 私は、疲れるとどうしても疲れた顔になるのですが(当たり前ですが)、そうすると息子は、まるでストーカーのように私にへばりついて、私にあれこれ質問し話しかけ、あれやってこれやってと次から次へと要求し、からんでくるのです。

 「お母さんに絡み続けていれば、いつか僕に対してにこにこ笑ってくれるだろうから」というのが、息子が私にからみ続ける理由だそうです。

 が、実際は当然逆ですよね。息子から、からまれればからまれるほど、私はどんどんしんどくなるわけで。一番いいのは、息子が私から離れてくれる事です。私を一人に、自由にしてくれる事。私が心身共に回復するには、一人でほっとする時間が必要です。ですが、それをどれだけ息子に言っても、どうしても理解してもらませんでした。

 それで、「疲れていても笑うっていうのは、絶対に無理な事。それでもお母さんにそれをしろ、と言うなら、あなたも絶対に無理な事をして」と息子に言いました。

 「いいよ。やる」と言うので、

 「じゃあ、お母さんが、あなたに「それは止めて」と言ったら、すぐに止める事。約束して」と言いました。息子は「分かった」と答えました。

 それで私は、「今すぐ、お母さんに絡みつくのは止めて。お母さんから離れて。お母さんを一人にして」と言いましたら、息子は、納得して離れていきました。

 息子に「止めて」が言えるようになって、私はとてもラクになり、無理なく笑顔でいられるようになりました。私へのしつこい絡みを止めさせる事だけでなく、例えば、息子に何か注意する事が可能になったので。以前だと、注意するととても嫌がり大騒ぎになるので息子には何も注意できなかったのですが、私が注意して息子が大騒ぎしだすと「注意されて嫌がるのは止めて」とピシッと言うと、すぐに騒ぐのを止めてくれるのです。

 息子は、「約束」は守れるし、「公平」が理解できます。約束は例外を作らず絶対に守ります。他人の気持ちは分からないけれど、他人にも自分と同じ権利がある、という感覚はちゃんと持っています。

 今まで私はずっと、息子について、発達障害児所以のもろもろのことに悩まされていましたが、「約束」と「公平」この2つの良い面をもっと早くから活かせていれば、ずいぶんラクな子育てが出来ていたかもしれないと、今更ながらに思います。

 

 

f:id:oinor-i:20171029125931j:plain