書くしかできない

発達障害の息子、夫、私。過ぎていく日々を書き留めています

観心寺参拝番外編

 昨日、観心寺参拝について書きましたが、実は観心寺に行こうとしたのは、あの日が初めてだったわけではないのです。今日はその事を書きます。

 その前日、「明日から雨になる」という予報を聞き、では今日のうちに参拝しておこう、と思った私は、アレコレの用事をギュッとめちゃくちゃ急いで片づけてしまい、午前10時頃、観心寺に向けて家を出ました。お天気も良く、電車もすいていて、快適に近鉄河内長野駅まで着きました。駅前のロータリーに沢山並んでいるタクシーさんの一台に乗り、「観心寺までお願いします」と告げ、シートに落ち着いたところで、、。

 ふと頭をよぎったのです。何がって、お財布が。

 「あれ?私、お財布持って来ただろうか?」

 電車はICカードで乗れてしまうし、私はいつもICカードは服のポケットに入れているので、河内長野駅まではお財布は一切開けていないのです。で、タクシーの後部座席に落ち着いてから、お財布についてふと不安にかられた。

 で、急いで鞄を開けて、中を探してみたのですが、案の定、お財布が入っていないのです。入れ忘れています。

 私はいつも、どこかに出かける時は、その前日の夜に全ての準備を終えておくのですが、その日は、観心寺に行く事を朝になってから急きょ決めたので、朝になってから、ばたばたと鞄に荷物を詰めたのです。お財布は、重たいいつものものではなく、神社参拝用の軽いものに入れ替えたのですが、入れ替えたそのお財布を鞄に入れていない!

 ヤバい、、

 運転手さんに、「すみません!お財布忘れて来ました!止まって下さい。ここまでの料金は家に帰ってから会社のほうへ送らせてもらいます。すみません」と謝りました。親切な運転手さんで、あまりまだ走っていなかった事もあり、「料金はいいよ」と言って、降ろして下さいました。歩いて駅に戻り、ICカードの残高がもつ事を祈りながら、ガックリして家まで戻りました。

 持って行こうと思っていたお財布は、図書館用の鞄に入っていました。なぜ?自分でも全く分かりません。図書館用の鞄にはお財布を入れた事なんか、かつて一度もないのに。

 家に戻ってもまだ昼過ぎでした。息子が帰ってくるのは6時頃です。それまでにまだ時間があります。これからもう一度、観心寺に行こう、と思いました。何故って、明日から雨だからです。。急いで昼食をとり、走って家を出ました。

 電車を乗り継ぎ、近鉄電車の「河内長野行き」のホームまで来ました。昼間なのに、結構人が多い。どうして?と思いながら、列に並んで電車が来るのを待っていました。しかし、到着時刻になっても、電車が来ないのです。なぜ?と不安に思っていると、構内アナウンスで、「〇〇駅で事故があり、ただいまダイヤが遅れております。ご迷惑おかけします」というお知らせが流れました。

 ええ~(涙)。聞くと、私が乗ろうとしている電車も、いつ到着するか分からないそうで。また、スムーズに進むかどうかも分からないそうで。(別の駅で止まる可能性もあると)。

 ここまで来ると、「今日は観心寺には行くな」という意味なんだろうなあと、さすがの私も気が付きました。大体、慎重派の私がお財布を忘れる事自体がおかしかったし(多分人生で二度目くらい)、そこに電車の事故が重なるというのはもう、今日は行くべきではない、という事なんだな、と理解し、諦めてまた家に帰ったのです。とぼとぼ、、。

 この時点で、「今日は行くべきではない」ということなのか、「観心寺には行くべきではない」ということなのか、私には分かりませんでした。どっちなんだろうなーと思いながら、翌日、改めて朝いちで観心寺に出かけて来たお話は、昨日書いた通りです。行きも帰りもとてもスムーズでしたし、お寺も素敵でしたし、雨が降る、という予報だったにも関わらず、結局一滴も降らず、暑くも寒くもない快適な気温で、つつがなく参拝を済ませる事ができました。観心寺に行く事自体は問題が無かったのだろうなあと思います。多分、あの日は行くべきではない、という事だったのだろうと。行くと途中で事故にあう、とか、何かよくない事が起こる、とか。もしかしたら、帰りに近鉄のその事故に巻き込まれていたのかもしれません。

 分かりませんが、私はそういう風に解釈しました。時々、こういうことがあります。たまたまかもしれませんが。

 あと、昨日書いた後に思ったのですが、木造にも関わらず、数ある仏像の中で、薬師如来像だけがブロンズを磨いたように光っていた件、私だけがそう見えたのかな?と、少しだけ思いました。私は、神社仏閣巡りは、基本的に一人で行く事にしているので、同行者に確認できないんですね。あまりにも不思議なので、もし行かれた方は、ちらっと見て来て下さると嬉しいです。多分、皆さん、薬師如来像だけ光って見えるはずだと思うのですが、、。

 観心寺の梅が素敵だと、ブックマークのほうにコメント下さった方、有難うございました。確かに、山門を入った左側が梅園でした。私も春に行ってみたいと思います。時々、ブックマークのほうにコメント下さる方がいて下さるのですが、私、ブックマークの使い方がよく分からず、コメントのお返事が出来ず失礼しています。すみません。

 

f:id:oinor-i:20171013124341j:plain