書くしかできない

発達障害の息子、夫、私。過ぎていく日々を書き留めています

胃腸痛には深呼吸。

 ここ関西は、昨晩から突然涼しくなりました。夜は窓を開けて寝ましたが、吹きこんでくる風が快適で、久しぶりに自然な風に吹かれて寝る事ができ、身も心も生まれ変わったよう。今朝も引き続き涼しいので、エアコンいらずです。この涼しさ、来週あたままで続くそうで、嬉しい。そこからまた少し暑さがぶり返し、そしてまた涼しくなり、と繰り返す中で、少しづつ秋になっていくのですね。秋はやりたい事が一杯あるので、とても楽しみです。

 夏休みは、日中ほぼ毎日子供に勉強を教えていまして、少し疲れました。時には、夕食後の勉強も見てやる日もあり。夕食後、子供はのんびりしている時間も、私は後片付けやらお風呂の準備やら、夫の食事の準備やら、やる事が一杯で、休む暇がない中で、やっとそれが一段落したところで、息子から「勉強やるから見て~」と言われるという、、。なかなかの苦行でして。

 それでも、無理して見ていたら、先日、激しい胃腸痛に。いつもこういうのは寝れば治るので、寝てしまおうと横になったのですが、なかなか快復せず。原因は、連日の猛暑と、子供の勉強に付き合う気疲れと、夕食後もゆっくりせずに動き続けた上に頭まで酷使した事による疲労だと思われます。触ると胃と腸が固くなっていて、動きを止めたしまった感じ。とにかく痛い。仰向けに寝ても横向きに寝ても痛い。

 それでも疲れからなんとか眠ったようなのですが、4時頃目が覚めて、驚いた事にまだ痛い。痛さも全然減じていない。これはヤバいかも、、、と思い、なんとかしないとと焦ったのですが、そこで考えたのが、深呼吸です。

 私、呼吸が浅くて早いことをよく指摘されるのです(整体などで)。呼吸はできるだけゆっくりしたほうがいいそうですね。それを思い出し、思いっきり深い深呼吸を繰り返してみました。30秒かけてゆっくり息をすい、30秒かけてゆっくり息を吐く。これをずーっと繰り返してみたんです。

 30分くらいやっていたら、気付いたら胃腸痛が消えていました。

 深呼吸で精神的にリラックスできたのだと思います。心と体は繋がっているので、心がゆるんだ事で、体もゆるみ、カチカチだった胃腸が動き出したのだと思います。深呼吸には、自律神経を整える働きもあり、自律神経で動いている胃腸に、良い効果を与えたというのもありそう。

 これからも、普段からできるだけゆっくりした呼吸を心がけ、また胃腸が痛くなったら、深呼吸で対応してみようと思いました。あと、息子には、夕食後の勉強は付き合えない、お腹が痛くなるから、と伝えました。

 とにかく、長くハードだった夏が終わり、秋が来ます。寂しいような、でも少しホッとしている自分がいます。皆さまもお疲れ様です。

 

「秋」の画像検索結果