書くしかできない

発達障害の息子、夫、私。過ぎていく日々を書き留めています

この時期のお約束

 関西では残暑というか、まだまだ猛暑が厳しく、8月も終わりなのに夏真っ盛りという感じ。夏好きな私にとっては、わりと嬉しいことなのですが、嬉しくても体力が続かない、、

 年間通して出歩かない私が、夏だけは結構用事を作っては出かけてしまうので、秋に入ってから一気に体調を崩す、ということを、繰り返して来ました。さすがに今年は気を付けようと思い、来週は予定は一つも入れていません。休養週。

 夏バテというのは、猛烈な湿気と暑さによって、自律神経をやられてしまうことから起こるようです。なので、自律神経で動いている臓器がやられる。心臓、胃腸、、、。私は年齢的に、女性ホルモン関係をやられがちで、昨年は9月に入ってから生理がとまらなくなり、一カ月ほど続いて死ぬかと思いました。終わるかな、と思ったらまた再開、量も多くげっそり、という感じを繰り返し。薬で止めるのはよくないのだろうなあと思いましたが、婦人科で止血剤を処方してもらい、なんとか終了させました。

 その前の年は治療したはずの歯が痛くなり、レントゲンでも理由が分からず、結局治療した部分を全部外してやり直してもらい、3ヶ月ほど歯医者通い。

 その前の年は謎の喉頭炎らしきものにかかり、とにかく喉が痛い。そして常に何かが詰まっている感じ。耳鼻咽喉科を二つ回りましたが原因は分からず。これも三か月ほど続いて、なんとか症状が消えました。

 その前の年は、、、、と書いていてキリがありませんが、秋に体調を崩すのは、夏に無理してしまうせいなので、今年こそは気を付けようと思っている次第です。無理といっても私の場合、多分、普通の方の半分以下の活動量だと思いますが。

 最近の日課は、できるだけ朝早い時間にスーパーに行って買い物してしまい、一日の中でちょっとした隙間時間に、少しづつ夕食を作ることです。あと、洗濯物も2時頃には乾ききってしまうので、早目に取り込んでしまってしまいます。なんかいつも、夕方以降に家事が集中するのがしんどくて。夕方までに家事がほぼ終わっていると、とてもラクです。

 昨日の夕方は、子供は塾に行って私は何もすることがなく、窓の外を見たら綺麗な夕陽だったので、近所の商業ビルの最上階のテラスまで散歩しました。相変わらず大阪は、外国人観光客の方々が多く、そんな方々に混じって、アイスフレーバーティーを飲みました。空が大きいと、夕日の見え方が違って新鮮でした。

 ついでに色々お散歩して帰って来ましたが、まったく疲れず。。。結局、疲労って、精神的なものも大きいなあとつくづく思います。好きな夕陽見て、面白い(失礼)観光客の方々を眺めて(再び失礼)、美味しいものを飲んで、楽しく出歩く限りは、けっこう動いてもちっとも疲れない。一方で、同じ時間、家の中で一人細々と慌ただしく家事を片付けていると、運動量は少ないのにとっても疲れる。

 あと気が付いたのですが、私だけかもしれませんが、甘いものを食べると途端にしんどくなるようになってしまいました。胃腸が弱って来ると、甘いものをうまく消化できないのかもしれません。頭が疲れて来るとつい甘いものに手が伸びるのですが、食べた後、胃腸を含め、体調が悪くなることに気が付いて、ここのところ甘いもの断ちしています。甘いもの好きなんですが、残念な発見です、、、。