書くしかできない

発達障害の息子、夫、私。過ぎていく日々を書き留めています

親はマネージャー

 ずっとブログは、わりと陰々滅々なテーマで書いてきましたが、これからは少し気分を変えて、できるだけ前向きなテーマで書く事にしようと思っています。

 まあ、明るい話題というのは、別にブログに書くまでもないと思っていたし、自慢が入る感じになるのもイヤだったんですが。あと、暗い出来事のほうが、ものごとを深く考えるきっかけになるので、ブログのテーマとしては適しているというのもあったのですが。でも、なんか、前向きな事を書いていきたい、という、今はそういう気分なので、そういう方向に転換しようと思っています。

 あと、どうでもいい事ですが、文体も「です・ます調」に変えました。これもそういう気分という事で。

 さて今日の明るい話題というのを思い起こすに、昨日返ってきた子供の定期テストの結果が、思いのほか良かった、という事でしょうか。まずはコレですね。うん。学年で一番、というわけではなかったものの、おおよそトップ、という成績でした。この位置をキープしていれば、志望校志望学部の指定校推薦がもらえるので、大学受験は試験無しでいけそうです。実は私も、指定校推薦で大学に入ったクチなので、そのラクさ加減というのはよくよく分かっています。高3の9月には受験が終わっているので、その後は遊んで暮らせるという。まあ、実際は遊びませんが、やりたい事をやる時間が、いわゆるモラトリアルな時間が半年ももらえるのは大きいです。

 幼稚園の頃は一言も話せず、小学校入学は無理、と言われていた子、小学校に何とか入れたものの試験はいつも一桁だった子が、中学校入学時に受けたあちこちの入塾テストはことごとく落ちてしまった子が、高校になってこんな成績を取るようになるとは、誰が想像したでしょうか。少なくとも私は想像もできませんでした。高校には行けないかもしれない、と思っていました。

 やはりこの子はゆっくりとしたペースで発達する子供だったのだなあと思います。それと、これは手前味噌になりますが、子供との関わりで親が慎重になる、という事も大事だったんだなと改めて思います。

 私は子供に、勉強しろ、と言った事はないんですよね。時間が来れば、子供が自然に机に向かえるように環境と整えただけで。あとは、どういう要領で勉強を進めていくか、その計画を一緒にたてて、要点を教えて、必要なところで手助けし、常変わらず誉めて励まし続けているだけで。あくまでも主役は子供自身で、私はマネージャーという感じ。私はどちらかというと、黒子が性に合っているのだと思います。だから「マネージャー生活」がさほどストレスにもならないのです。

 しかし親の関わりが、子供の成績ややる気を伸ばすのは、これは間違いないと思います。押し付けではなく、あくまでも必要なところをサポートする、という関わり方が大事ですが。子供というのは、思いがけないところでつまずくし、横にそれてしまうし、やる気を失ってしまうものだから。

 先日も、「え?」と思うような事で、子供が途方にくれていました。

 その日は、数学がやりたかった息子。まずは学校の問題集を端から片付けていこうと机に向かったのですが、問題集用のノート(普通のキャンパスノートです)は学校に提出中だと気づいた(先生のチェックが入る為に時々提出する)。問題集やりたいのに、ノートがないからできない。どうしよう、他の事をやるか。いや、やっぱり今日は数学がやりたい。堂々巡りのジレンマで固まってしまった息子を見て、私は言いました。

 「家で使ってるノート(同じ普通のキャンパスノート)にやって、後でそのページだけ切って、問題集用ノートが返って来たら、貼りつけたらいいんじゃない?」と。

 あ、そうか。という事で、息子は嬉々として数学の問題集を始める事ができました。こんな事、大人にはなんという工夫でもないわけですが、子供にとっては、ノートを切って貼る、というのは、思いつかない事のようです。こういうちょっとした一言をかけてやるだけで、子供の勉強はスムーズに進むので、やはり親がマネージャーをする事は大切だなと思っています。監督じゃなく、あくまでもマネージャー。もちろん子供が選手。