書くしかできない

子供、夫、私。過ぎていく日々を書き留めています

自称カウンセラーさんの危険

 日差しがあたたかいから、日差しに顏を向けて歩いている。もう少し季節が進むと、日陰を選んで歩くようになるのだが、今はまだ、日差しのあたたかさが快適だ。吹いてくる風も、何かのご褒美かと思うほど、ふんわりと肌に心地良い。至福な季節の到来。

 先日書いた、古文の問題集の答えの件だが、昨日の休み時間に、わざわざ古文の先生がクラスまで出向いて配ってくれたそうだ。昨日、息子は喜び勇んで帰って来た。今朝は朝から張り切って古文の問題集をやっている。私も学校に電話する必要がなくなった。何はともあれ、先生に感謝。よかったよかった。

 

 今日は、ちょっと大げさなタイトルをつけてしまった。「物事を100%完璧にマスターできていなくても、自分の持っている知識量を元に、他人にアドバイスする事には何の問題もない」と発言されていた方の記事を読んだので、その事について、書きたいのだ。

 もう少し整理して書くとこういう事だ。

 心理学を学び始めた初心者カウンセラーさんがおられる。その方は、心理学をマスターしようと頑張っている途中で、まだ求められている知識量の60%しかマスターできていない。でも、60%の知識量しかない自分でも、自分より知識量の少ない人(例えば30%の知識量しかない人)に、アドバイスする事はできる。だから自分が、プロのカウンセラーを名乗って起業しても良い、とその方は書いておられた。60%の人が、30%の人に、アドバイスする事は、問題ない、と。つまり、物事を100%完璧にマスターできていなくても、自分が知っている範囲の知識量で、自分より知識の劣る他人にアドバイスする事は、何ら問題ではない、と。

  私は正直、同意できなかった。人間の「心」の事を、60%しか把握できていない人(仮にAさん)が、他人(仮にBさん)の心の闇に手をつけて良いのか、と疑問に思うからだ。

 Bさんの心の闇が、Aさんの把握できていない知識の残り40%の部分から起こっているのだとしたら、どうなるのか。

 Aさんに、Bさんの闇が自分の把握できていない部分所以で生じていると、知る事は不可能(そもそも把握できていないから)、であればAさんは、Bさんの闇を、自分が把握できている60%のどこかに無理やりあてはめてBさんに見当違いのアドバイスをしてしまう事になる。

 これは危険だと私は思うし、往々にしてカウンセリングの世界で起こっている事だとも思う。

 カウンセリングというのは、心理世界の医療行為に他ならない。「私はプロのカウンセラーです」と名乗る以上は、今現時点で持っているべきだと期待されている心の知識100%を持っている人だと期待されている。にも関わらず、実際には60%の知識しかなければ、それは、不適当である、と私は思う。偽りの看板、経歴詐称にあたる、と思う。

 クライアントが強い人なら「カウンセラーさんのほうがおかしい」とか、「カウンセラーさんの言う通りにしたけれど良くならない」と言えるだろう。そこでそのカウンセラーさんはどう答えるか。「はい、私が間違っていました」と認めるはずはない。むしろクライアントが間違っている、とクライアントを責めるだろう。本当は、カウンセラーの指導が間違っていたのに、それは認めず、間違った指導を受けたから当然改善しないクライアントが間違っている、と言うだろう。これでは、病んでいるクライアントは救われない。 

 プロを名乗るなら、特に医療系のプロを名乗るなら、必要とされる知識は全てマスターしておいて欲しいし、それができていない人は、プロと名乗って欲しくないと思う。未熟なカウンセラーさんが、心の闇を抱えたクライアントさんに無責任にアドバイスを施す事ほど、危険な事はないと思う。心理の世界では誰も責任は取らなくていいから、こんな事がまかり通ってしまっている。臨床心理士を省き、一般にカウンセラーには国家試験が無い現状は、とても怖いと私は思っている。

 私も、子供が小さい頃、自称カウンセラーを名乗る人に、子供についてあれこれ指導されたが、どれも的外れだった苦い過去がある。当時は、カウンセラーになるのに試験がいらない、というような事実は知らなかったから、頭から信用してしまい痛い目にあった。ああいう経験は二度としたくない。