書くしかできない

発達障害の息子、夫、私。過ぎていく日々を書き留めています

「発達障害児がクラスにいる。対応方法を教えて欲しい」というご意見について。

 先日、こんな内容の記事を読んだ。「発達障害児が子供と同じクラスにいるのだが、先生はその子への正しい対応方法を教えてくれないので、子供達は困っている。発達障害児の子は誰かを見つけてしつこくつきまとい、つきまとわれた子が嫌がるとすぐに泣く。そして、しつこくされていた子のほうが先生から叱られる。しつこくされてうっとおしい上に、先生から叱られるから、もう、クラスの子は、障害児の子と関わらないようになってしまっている。色んな子供がクラスにいるのは良い事だが、障害児への関わり方を教えずにただクラスに置く、というのは、その障害児の子にとってもよくないし、周囲の子供達も困る。先生は、障害児への正しい対応方法を生徒に教えるべきだ」というようなものだ。

 仰りたい事はとても良く分かるし、その通りだなあと思った。

 親の私自身が、時に子供からしつこく絡まれてしんどい思いをしている事は、このブログで書いてきた通りだし、ここにも書かれているように、ウチの子も、自分がしつこく人に絡んでおきながら、相手が自分の期待通りの反応をくれないと言って激しく泣き出す。でも、息子の期待通りの反応のレベルが天井知らずに高いので、とても息子を満足させるレベルの反応などできない。しつこく絡まれ、挙句の果てに泣かれ、しんどい事この上ない。

 その記事には「先生は、障害児への正しい対応方法を他の生徒達に教えるべきだ」と書いてあったが、それは無理だろうと思う。障害児への正しい対応方法など、無いからだ。しいて言えば、誰かが耐えるしかない。ただただ忍耐。しつこくつきまとわれるのなら、しつこくつきまとわれる事に耐える。つきまとわれる事がこの上なく不快でも、それが障害児の要求なら、ただただ忍耐してひたすら耐え続ける。拒否しない。永遠に続くかと思う時間、ひたすら受容し続けると、障害児が得心する瞬間がいつか来る。障害児が得心すれば、つきまといは終わる。仕組みと言えばそれだけなのだ。障害児が納得するまで、満足するまで、もうお腹一杯になるまで、誰かがその子の要求に応え続けるしかない。

 もし、障害児への正しい対応方法があるとしたら、こちらがひたすら忍耐し、障害児の要望に応え続ける、シンプルにそれだけだ。巷には、ちょっとした工夫、とか、声掛けとか、言葉じゃなく絵、とか、思いやり、とか、アレコレ言われているけれど、全部その場しのぎの間に合わせに過ぎない。そんな小手先の技を駆使したところで、根本的には何も解決しない。誰かにつきまといたい、と思っている障害児なら、明日もまた誰かにつきまとう。つきまといが終わるのは、その子がつきまといに十分満足した後だけだ。コレ、と思った事に対する障害児のしつこさは、健常者の想像を遥かに超える。満足するまで絶対に終わらない。きつい体罰を加えれば一時的には止めさせる事は可能だが、副作用として精神障害を生んでしまう。

 「正しい対応方法さえ教えてくれたら、子供達も平和に障害児と共にいられるのに」という意見は正論だが、正論には往々にしてありがちな事で、現実的には実現不可能なのだ。教室で、先生が生徒に説明できるような「正しい対応方法」は存在しない。

 でもだからといって、発達障害児がいるクラスになってしまったら厄介だな、という帰結になるわけではない、と私は思っている。ウチの子は、クラスで全く迷惑をかけないし、本人も困っていない。何故なら、ウチの子は、困った行動を、私に対してしか行わないからだ。というか、私に対して行い、私がそれに十二分に応えているので、それで息子は充分充足していて、外でやる必要がないのだ。息子は外では穏やかだし平和だし、困った行動は全くしない。それは幼稚園の頃からずっとそうで、どんな保護者会に行っても懇談会に行っても、息子に関しては「困った事は何もないです」と担任から言われ続けている。それは、息子が、困った行動を私に対してだけ行い、私がそれを息子が満足するまで受け入れ続けているからだ。だから息子は、外では困った行動はしないのだ。

 これは私見だが、発達障害児が外で他人に迷惑をかけるという事は、家で十分に要求を満たせていないからだと私は思っている。家で親が、子供の要求に十二分に応えてやっていれば、子供が過剰な欲求不満を抱える事はなくなり、外で他人に迷惑をかけることは減るのではないかと、私は思っている。勿論、障害の種類にもよるが。

 結局のところ、親が犠牲になればそれで済む、という話だと思うのだ。親が人身御供になれば解決するのだ。教室で他の生徒に迷惑をかけている発達障害児がいたら、教師は勇気を出してその親に対し「あなたが犠牲になって下さい」と言うしかない。でも、現実問題、そんな事は言えるはずはないから、この問題はうやむやなまま解決されないのだ。

 あまりにも救いのない話に聞こえるだろうか。いや、実際のところ、そんな事はない。私の息子は、私にしか困った行動はしてこない、と書いたが、私へのその困った行動も、年齢が上がるにつれて、減ってきているからだ。彼の困った行動の頻度は、乳幼児の頃を100すれば、今は1か2、程度だ。おそらく成人するまでには、0になるだろう。

 これは私見だと繰り返し書いているが、本当に私の個人的見解なので、否と感じる方は怒らないで欲しい。私はこう思っている。発達障害児の困った行動は、親が犠牲になって引き受け続ける、受容し続ける事で、年齢と共に減っていき、いずれ無くなるのではないかと。私の経験上はそうなので。つまり、発達障害児の困った行動は、親が受け取り忍耐し続ければゼロにできる。発達障害児への正しい対処方法は?と問われたら、私はそう答える。

 ところで、犠牲、という言葉は実は不適切なのだ。むしろボランティア精神、とか、博愛精神、とか、本当はそっちに近い。犠牲、と言うと嫌々やらされている感が強いが、そういう嫌々感は子供に見破られる。博愛精神のように、こちら側に、自発的に子供を受け入れる気持ちがあって初めて、子供は得心してくれる。こちら側がどこかで目覚め、自分は子供の犠牲なのではなく、子供を忍耐強く受容し続ける事で自分自身(こちら側)が根本から作り変えられている事に気づきそこに大きな意味を見出せたら、子供も変わる。けれどこんな事を、親以外の誰ができるだろうか、学校の教室で誰がやれるだろうか。無理だと思う、だからやはり、「親」なのだと私は思う。