書くしかできない

発達障害の息子、夫、私。過ぎていく日々を書き留めています

いつも偶然、「人」から入って来る

 気温はまだ低いが、日差しが暖かくなってきた。こうなるとどうにも出歩きたい欲が湧いてきて困る。出歩くと行っても私の場合、ひたすら歩くだけ。長い長い散歩が好きだ。真冬はなかなか遠出できなかったので、少しでも暖かくなってくると、もういけない。お散歩行きたい欲が抑えられない。

 そんなの行けばいいじゃないか、と思われるかもしれないが、そうでもない。私は例年、まだ寒いこの時期にやたら張り切って遠出を繰り返してしまい、本格的な良い季節である5月頃に体調を崩す、という失敗を何度もやっているのだ。だから今年は用心して、この時期はあまり無理はしないよう、自粛するつもり。

 話は変わるが、というか、ここからが今日書きたかった事なのだが、もしかしたら自慢めいてしまうかもしれない。人生というのは、ちょっとした人との繋がりで、大きく変わっていくのだと、改めて気づいたという話。

 ちょっとした人との繋がりというのは、予め計算して繋いだ繋がりではなく、以前から何らかの関わりがほんの少しだけあって、お互いなんとはなしの好感を抱いている、というような人と、ちょっとした立ち話で聞いた事がきっかけで、人生が大きく変わる、みたいな事が、私には多いのだ。

 例えば、私の子供は非定型発達で、幼少期から様々な療育やサポートを受けてきたのだが、簡単に調べられる情報での療育やサポート機関は、今ひとつで、子供にとってとても有意義だったものは全て、口コミでふと教えてもらった所ばかりなのだ。ふと教えて頂いた病院が良い所で、そこから安定的な人生設計ができるようになったりもした。当時私は、非定型の息子の将来に大きな不安を抱えていたので、その不安が無くなった事は本当に大きい。そういう、後に「あの情報のおかげで人生が変わったな」というような情報は、誰かにわざわざ問い合わせたり、尋ねたりした時には、不思議と入ってこないのだ。何故だか、たまたま偶然以前からなんとなく好感を持っていた知り合いに会って、なんとなく教えてもらった話から得る事が多い。

 先日は、こんな事があった。私は4月から、ある場所に初めて参加する事になるのだが、そこには知り合いが一人もいないので、かなり不安を抱いていた。それを、いつも息子の小さくなってしまった服を貰って頂いている方に、お渡しする際に愚痴まじりに言ってみたら、「そこに知り合いがいる人を知っているかも」と言って頂き、翌日にはその知り合いの方と連絡が取れていた。とても有難かった。初めて参加する不安が消え、心が軽くなった。

 自分にとって本当に欲しい情報、本当に良い情報、というのは、私の場合、いつも偶然、「人」から入って来る。その「人」というのは、私にとって、心地よい人間関係を繋げていられる「人」からなのだ。当たり前過ぎる事だが、人と良い人間関係を地味に繋げている事は、大切だと感じる。自分に無理してまで「良い人」を演じる必要はないし、見返りを期待して何かをするのは愚の骨頂だが、それでも、いつも少しだけ人に親切に、少しだけ気遣って、少しだけ遠慮し、少しだけ損をし、少しだけ恥をかき、少しだけ言葉を控え、少しだけ積極的に言葉をかけてみる笑ってみる、そうやっていると、心地よい人との繋がりが維持できて、それが私の人生を、良い方向に進ませてくれる。そんな風に思う。良い春だ。 

「春の景色」の画像検索結果