書くしかできない

子供、夫、私。過ぎていく日々を書き留めています

ICレコーダーの効果

 ウチの子は、悪い子ではないのだけれど、一つのことを言いだしたらそれはそれはしつこい。ほとんどが質問形式なんだけれども、自分の欲しい答えがもらえるまで、延々同じ事を繰り返し聞いてくるので、うんざりする。家なので逃げ場がなく、答えるしかなくて心底疲れる。

 先日、ふと思いたって、子供のくどくど質問を録音してみた。最近、ICレコーダーを買ったのだ(ICレコーダー、ほんと小さくて使いやすいですね)。

 子供が、くどくど質問を始めた瞬間に、「ちょっと録音してみるね」とボタンを押し、レコーダーをマイクのように子供の口元に向ける。まるで、記者会見されている芸能人とレポーターのように(私がレポーター)。

 ひとしきりくどくどした子供の質問が続く。私が答える。その答えに納得しない子供が、更に別の角度から同じ質問をしてくる。また私が答える。子供が更に質問してくる。私が答える。5分経過したところで、「一旦切るから聞いてみよう」と強引にレコーダーを再生してみた。

 面白かった。

 子供がまず、自分の声を聞いて爆笑し、私も意外と自分の声に笑えた。めちゃくちゃ早口だったから。早送りすることもなく、二人で5分みっちり聞いてしまった。

 それから、子供は更に質問してくる事はなかった。気が済んだようだ。

 もし、子供のしつこいなんらかのグズグズでお困りのご父兄がおられましたら、子供の声を録音し、子供自身に聞かせてみると、良いかもしれません。とりあえず、空気が変わります。