読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書くしかできない

子供、夫、私。過ぎていく日々を書き留めています

夫婦仲

日々の思い

夫とは、淡々とした仲。仲良くもなく、悪くもない。

夫は九州男なので、最初の頃は男尊女卑的な面が多々あったように記憶しているが、

私がとことんフェアで行こうとするので、いつのまにか中和されて、今はフラット。

特に仲良くもないのに、仲が悪くもないのは、お互いがあまりにも違うからだと思う。

私がDVD機にコツコツと撮りだめていた、今となってはもう二度と撮れないテレビ番組の録画を、夫が間違って全部消してしまった時。それを聞いた私が「あ、いいよ」と答えたら、夫は「俺ならキレてるな」と呟いていた。

昨日はマツオカというお店の唐揚げ(とてつもなく美味しい)を、久しぶりに私がどうしても食べたくなったので買ってきたところ、子供がほとんど全て食べてしまった。別に取り分けておいた夫の分を、夫に出してた時、夫が「で、自分は結局いくつ食べたん?」と聞くから「二個」と答えたら、「え?たった二個?自分が食べたくて買ってきたんやろ」と聞くから「そうやけど、子供が美味しい言うて食べてたから」。夫は首を振って、理解できない、という顔をした。

お互いしっかり理解し合えている夫婦のほうがいいのだろうけれど、私は、全く理解し合えないウチの夫婦仲に、安定感を感じている。