書くしかできない

過ぎていく日々を書き留めています

発達障害

自分の心は自分で守る。

自身が発達障害者、または、家族が発達障害者、という人は、精神疾患に罹りやすい、と言われています。自身が発達障害の場合は生きづらさから、家族が発達障害の場合はカサンドラ症候群から、精神を病んでしまうからです。 精神を病んでも人生は続いていくわ…

発達障害→精神疾患→スピにはまる、という流れの存在。

先日、ある方の発言に「えええ?」と驚いてしまったので、今日はその事を書きます。人様の発言にアレコレ言うのは何ですが、これがスピにはまる一つの要因かもしれない、と思ったので。多分、長いです<(_ _)>。 その方(仮にAさん)は、小さいお子さんをお持…

息子に友達ができた。

先日、若一神社の楠社に参拝した事を書いた時、「その後、有り難い事がたくさんありました」と書いた。 で。翌日、その「有難い事」の一つとして、「息子の学校行事が平日に延期されて、息子にとっては有難かった」という内容の事を書いた。 で。今日はその…

「発達障害保険」があればいいのに、と思う。

「発達障害として生まれても、幸せな人生を送れる方法」を真剣に考えるに、「発達障害保険」を作るしかないのでは?という考えに帰結します。 今、グレー児を含めれば、6人に1人、発達障害が生れています。相当な高確率です。 発達障害で何が困るのか。 1…

若一神社から帰ってから起こった有難い事。

先日、若一神社の楠社のご神木にお参りした、という記事を書いたのですが、その後下鴨神社に寄ってから家に帰ったら、なんだかもうびっくりするような有難い事が沢山起こったので、今日はその事を書きます。 と、その前に。 前回の記事で、最近ひいたおみく…

私が、他人様を羨ましいと思う時

今日の記事には何のオチもありません。ただの愚痴です。 そもそも私、他人様を羨ましい、と感じる事はほぼ無く、「羨ましい」という感じがよく分からなかった人間です(嫌みったらしくてすみません)。ですが、子供を産んでからは、「羨ましい」という感情が…

愛読していたブログが終わってしまいました。

愛読させて頂いていた、発達障害児育児ブログが、突然無くなってしまい、とても残念に思っている今日この頃です。 最後の記事で、批判コメントが多くなり耐えられなくなったので、と、ブログを辞める理由を書いておられました。何も言わずにプイッと辞めてし…

発達障害児の偏食について。

少し前に、関連した事を書いたのですが、長文になってしまって、端折って省略した内容を、ここで追加で書いておきます。 発達障害児の偏食について、です。 ウチの息子も御多分にもれず、幼い頃、激しい偏食でした。それが、特に何もせず、5歳のある日、直…

発達障害者の行く末

企業が学生を採用する際に、採用の条件を挙げるわけですが、その内容が、少し前から大きく変わりました。 今、多くの企業が、採用条件の第一番目に持ってくるのがコレです。 「コミュニケーション能力がある人」 企業によって表現は異なっても、主旨はコレで…

我が子(幼児)の偏食が気になる親御さんへ。

先日、ある医療従事者の方のブログを拝読していたところ、ある一文を見て、深く溜息をついてしまいました。 その方に対して私は全く遺憾は無く、その方は多分、無意識に気軽にその一文を書かれたのであろう事も、了解できました。なので、ここでその一文を取…

自閉症児に起きた小さな奇跡

topics.smt.docomo.ne.jp 少し前のニュースですが、上記の記事を読み、心があたたかくなったので、今日はその事を書きます。 米国の、17歳の自閉症児の青年が、あるスーパーで、店員さんがドリンクを並べているのをじっと見ていた。彼に気づいた店員さんが…

誰かに似ていると思ったら、みやぞんさんでした。

子供を産んでから、に限定ですが、今年の夏休みは、過去最高に穏やかにラクに気分よく過ごせています。 なんといっても、息子が本当に成長してくれて、息子がらみの大変さが、ほぼ皆無になった事が大きいです。 また、厄介な面がなくなったみると、息子と一…

私の子育ての失敗部分について

自己肯定感も、ある部分で現状維持バイアスの一種であると考えるなら、自らの子育て方法を否定する事は、現状維持バイアスを逸脱する行為になるわけで。なかなか冷静にフェアに考える事は難しいだろうなあと思われるのですが、現段階で、明らかに「私の子育…

「〇〇出来ない」という障害特性について、どう対処していくのか

自分の障害特性を周囲の人に伝える事を、「言い訳だから止めるべき」と発言されている方のブログ記事を拝読し、少し思う事があったので、今日はこの事について書きます。関係ない方には、全く関係ない記事で、申し訳ありません<(_ _)>。 その記事のブロガー…

小さい子と過ごす夏休み

今、心が辛くなるようなブログ記事を、拝読してしまい、しーんとした気持ちになっています。 小さい年齢の我が子達と過ごす夏休みがしんどく、一日中子供を叱っている、外出するたびに子供達が信じられないような悪さをするので、思わず怒鳴ったり殴ったりし…

他人への怒りや批判を軽減させる方法

いつも拝読している、発達障害関連のブログに、またしても興味深い記事が載っていました。スカイさんのこのブログは、いつもとても参考になります。今日も、いつもながら、勝手に引用させて頂きます。 タイトルは「他人への怒り、激昂するほどの批判・敵視を…

発達障害児には、真実をハッキリストレートに伝える。

今日は長いです。 息子の「しつこい絡み」が無くなった、あっても一日で終わるようになった、という事を昨日来書いています。その要因としては、息子本人が成長した、という事と、私の息子への対応を変えた事が挙げられる、とも書きました。その対応の変化に…

とはいえ、多少は成長したかも。

昨日は、久々の「長時間絡み」を行った息子。今までなら、連日続くはずなのですが、今回は、昨日一回で終わり、今日は普通に戻りました。 昨年の記事を自分で読み直してみても、一度「長時間絡み」が起こると、毎日毎日それが続く、と書いてあり、今回は一度…

たくさんの失敗

今日は少し涼しいです。といっても、33度。しかしながら、連日の体温越え(38度)から考えれば、随分と過ごしやすい。あまりにも涼しく感じたので、お散歩に出てしまいました。が、風は冷たくて気持ちいいものの、小雨が降っているにも関わらず、太陽光…

息子の不安感が消えたかも。

発達障害である息子の、障害特性の一つに「不安感が強い」というものがあります。ストレスがたまると、強迫性障害に近づくほど不安感が強くなることがあり、どうしたものかと考えていました。 今までの私の方針は、「息子にとってストレスになる事象は、でき…

母子の同化を断ち切る。

これを読んで下さっている方の中に、今回の地震で被害に遭われた方、おられるのでしょうか。大変な日々をお過ごしの事と案じます。一日も早く、いつもの平安な日常が戻りますように、と願います。 今日は、以前にご紹介した、スカイさんのブログ記事から、書…

いちからの子育て記録8

ここからは、過去記事の再アップではなく、新しく書きます。 ・・・・・・・・・・ 今日は、幼稚園~小学校時代に、息子について私が心がけた事を書きます。 それは、余暇時間の充実、です。 以前にも書きましたが、息子は、幼稚園や小学校のような集団活動…

いちからの子育て記録7

以前書いていて一旦整理した「小さい頃からの子育て記録」記事を、再アップしています。不備な点を書き直しておりますが、基本的な情報は以前書いたものと同じですので、以前のものを読まれた方にはご不要な内容かと思います。ご了承下さい。 ・・・・・・・…

いちからの子育て記録6

多くの学習はそもそも、「模倣」から始まります。言葉もしかり。しかし息子は、「大人の模倣」を全くしない子でした。呼べばこちらを向き、あやせば笑い、目も合うし、よく世話してくれる人を認識し愛らしく懐く。だから、当初は誰も、息子が障害児だとは気…

いちからの子育て記録5

生後半年頃からは、体の発達の遅さ以外にも、「あれ?」と思う事が増えていきました。わりとすぐに違和感を感じたのは、「うなずかない」事と「指さしをしない」「大人の模倣をしない」事でした。 まだ話のできない子供というのは、親から何か言われた時、イ…

いちからの子育て記録4

子育て記録を引き続き書いています。今回は、障害が分かる二歳半までの、息子の体の発達具合について、書きます。 生後半年で、寝返りを打てるようになっていましたが、八か月になっても一人で座る事はまだ難しかったです。ドーナツの一部を切り取ったような…

いちからの子育て記録3

今日は発達障害特有の「こだわり」について書きます。 ・・・・・・・ 発達障害の世界で言う「こだわり」は、一般的な「こだわり」とは、少し意味が違います。普通「こだわり」というと、匠がこだわって作った作品、というように、良い意味で使われる事が多…

いちからの子育て記録2

引き続き、私の子育て記録を書いています。 産前と産後で、私の周囲の人間関係は大きく変わりました(悪い方へ)。 産前の私は、楽天的で他人を簡単に信用する人間でした。が、産後、なんだかんだで傷つく事、苦しい事が多く、だんだんと人を信用できなくな…

いちからの子育て記録1

以前書いていて一旦整理した「小さい頃からの子育て記録」記事を、これから再アップしていきます。不備な点を書き直しておりますが、基本的な情報は以前書いたものと同じですので、以前のものを読まれた方には不要な内容かと思います。ご了承下さい。 ・・・…

カサンドラ症候群の存在について。

カサンドラ症候群という言葉をご存じでしょうか。カサンドラ症候群についての記事をご参考までに貼っておきます↓。 カサンドラ症候群とは?アスペルガー症候群の家族がいる人が注意したい症状・対処法まとめ【LITALICO発達ナビ】 (上記記事から少し抜粋しま…