書くしかできない

発達障害の息子、夫、私。過ぎていく日々を書き留めています

沖縄旅・もずくとハイブリットーカー

またしても更新に間が空いてしまいました。今年はきっと、こんな調子でいくのだろう予感がします。 もうずいぶん時間がたってしまいましたが、沖縄旅行で見つけたGOODなものを、忘れないように書いておこうと思います。 まず、なんといっても「もずく」。私…

身体の不調ふたつ。

バタバタしていたら、すっかりブログ更新を忘れていました。どんだけ余裕がないのでしょうか、、。 しかも、バタバタすると、テキメン体調を崩す私。体調の崩し方が、毎回変わるところが我ながらウケるのですが。毎回「何コレ??」と焦りとまどうばかりです…

布団と洗濯物でいっぱいのベランダ

昨日、朝、寒い寒いと書いた途端、めきめきと日差しが強くなり、昨日一日は、驚くほどあたたかくなりました。まあ、そんなもんですね。日中は、暖房を入れる必要がなかったほどです。今日もまた、朝からあたたかく、今は暖房も切って、窓を開けていますが、…

真冬の花壇

連日寒いですね。大阪は、最高気温が5度とかで、、もう寒すぎて外に出たくありません。お買いものに、歩いて数分のスーパーに行くのですが、風は強いしシンシン冷えるし、道中気が滅入いること、滅入ること。たった数分なのに(笑)。 そんな中、近道しよう…

沖縄旅、宮城島

また少し沖縄旅のことを。 ちょっと観光っぽい事をしてみようと思い、本土東側にある「宮城島」に行ってみました。島といっても、海中道路があるので陸続き。海中道路は、明石大橋のようなものを想像していたら、ちょっと違っていました。橋というより本当に…

怒りをためると腰痛になる、という話から。

今日は長い長い愚痴記事です。苦手な方にはどうぞスルー下さい。すみません。本当に長いので、、。よろしくご注意ください<(_ _)>。 ・・・・・ さて。「怒りの感情は腰にたまる」というのは、よく聞く話。つまり、怒りの感情を押し殺してため過ぎると、腰痛…

今年はこんな感じでスタート

ずっと沖縄旅のことを書いてきて、少し飽きたので、一旦中断して、通常モードに戻ります。 息子の学校は昨日から(夫の会社は少し前から)始まり、やっとお休みモードから抜けました。私は専業主婦ですので、一般的な休日が、私にとっての就業日、なのです。…

沖縄旅・朝陽と夕陽

少し早起きして、ホテルから朝陽を眺めてみました。沖縄の冬の朝陽も夕陽と同じで、キッパリと明るくなるのではなく、うすぼんやりとピンク色が空に広がっていく感じでした。これはこれで、幻想的で、私は好きでした。 同じく、夕陽も撮ってみました。こちら…

沖縄旅・A&Wと闘牛

夫も私もA&W(ハンバーガー屋さん)が好きなのですが、何故か日本では沖縄にしかないので、当然のことながら結構通いました。 ハンバーガーもポテトも美味しいのですが、なんといってもルートビアが大好きでして。子供の風邪薬のような味がクセになります。…

沖縄・ゆいレールで見た人達

電車好きな息子が、ゆいレールに乗りたいと言うので、わざわざ行ってみました。ちなみに息子は高校生ですが、こういう面はまるで小学生のような幼さです。 ゆいレール、息子も楽しみましたが、私も結構楽しめました。というのも、ホテルや観光地にいると、観…

沖縄旅・通った海岸

【素材】流れる雲にフリー音楽をつけた【ダウンロード可】 ↑海岸で雲を眺めている気分の音楽を見つけたので貼っておきます。良かったら。。 ☆☆☆ ホテルの真下にビーチがあり、ウォーターアクティビティーが出来、ボート等で少し沖に出て魚が見れたりもしまし…

沖縄旅・滞在ホテル

沖縄で滞在したホテルの事を少し書いておきます。「かりゆしリゾートオーシャンスパ」という名前のホテルでして。。何故ここに泊まる事にしたのか、今となっては思い出せないのですが(何せ夏休みに予約したので記憶が遠すぎて)多分、飛行機とセットになっ…

沖縄旅・北谷、海沿いの遊歩道と夕陽

北谷のカフェを出て、目の前の遊歩道を歩いてみました。いろんな人が、お散歩したりジョギングしたり、ただ佇んで夕陽を見ていたりしました。写真には何故か、人が一人も写っていないのですが、、、(なぜ??)。 犬をお散歩させている人も沢山いました。 …

沖縄旅・58号線と北谷のカフェ

あけましておめでとうございます。 私は年末年始、沖縄でのんびりして来ましたので、今日からしばらくそれについて書かせて頂くと思います。「のんびり」がテーマではあったのですが、沖縄旅行は多分、今回が最後になるだろう予感があったので、行きたいなと…

冬休みの旅行

今日から冬休みの旅行に行って参ります。毎年、旅行は夏休みに行っていたのですが、今年の夏は、息子が「行きたくない」と突然言い出し、直前にキャンセルする事になったので。冬に行く事になりました。 私は、夏より冬のほうが行きやすいのでラッキーでした…

もう注意しない。諦める。

子育てについて、大きく方向転換する事にしました。今日の記事は、とても長く、且つ重いので、閲覧にはご注意ください。 昨日、夜寝ようとしていたら、またしても息子にからまれました。久しぶりです。息子の言い分は、「不安で仕方ない」と。何が不安なのか…

大阪人の苦手なところ

私は大阪に住んで長くなりましたが、もともとは大阪出身ではありません。基本的に、気さくな大阪人は好きなのですが、苦手な面もあります。その最たるものが「列に並ばない。横入り、横抜かしを平気でやる」という所です。 東京の人が大阪に来て一番驚くのが…

ストレッチポールで肩こり解消。

健康グッズ系のお話ばかり書いていますが、ついでにコレも書いておきます。 ストレッチポール。 LPN ストレッチポール(R)EX ネイビー 0001 出版社/メーカー: LPN メディア: スポーツ用品 この商品を含むブログ (2件) を見る 以前書いた、バランスボールは、…

真冬の最強部屋着パンツ

私は年々寒がりになっていくようで、真冬の、あたたかい部屋着探しに毎年苦労します。トップスは、ここ数年は、ユニクロさんの極暖ヒートテックタートルに、カシミヤニットを重ねる、というスタイルが定着しています。ニットは軽くてよく伸びて動きやすく、…

バランスボールの効用

前回に引き続き、肩肘腰の痛みを和らげるグッズとして、今回はバランスボールについて書きます。 どなたかがブログで、バランスボールいいよ~、と書いておられたのを拝読し、すぐに購入しました。翌日届いて、届いてすぐに空気を入れて、すぐに乗った。とい…

使い捨てカイロの出番

またしても、私ごとの体調話を書きます。今現在、痛いところは、右の肩と肘と腰です。じっとしていたら痛くないけども、長時間同じ姿勢で座っていたり、30分以上歩いたりすると、痛み出します。あと、朝一も痛い。 痛みの根源理由は、右股関節の動きの悪さ…

クックパッドのムック本

夕食作りは、簡単でラクにできるものを、と日々心がけております。夕食作りに30分以上はかけられない。30分以上かけてると、体がしんどくなってきて、それでも頑張って作ると、後あと疲労が残るので。 簡単にできるレシピといえば、やはりクックパッドさ…

ストレスで筋肉が固まってしまうのを防ぐ為に。

変なタイトルになってしまいましたが。。 寒くなってきたせいか、周囲で「肩や腰が痛い。体調悪い」という声をよく聞くようになりました。かくいう私も、もちろん、体調悪い派、の一人で。 今読んだ記事に、対処法が書いてあり、とても参考になったので貼ら…

諍いの時に必要なのは思いやり。

私は日頃、自分の意見は言わないほうなのですが、どうしても言わなくてはいけない時は、言います。例えば、先日書いた夫の香水が臭い件とか、、。言えば必ず諍いになるのは分かっていても、言わないわけにはいかないので、言う。そして諍いになる。 諍いにな…

「大丈夫」という言葉は親が言いたい

先日の記事に引き続き、息子の事を書いていきます。 先日は、息子に「みんながみんな、あなたの事を愛しているわけではない」という事、そして「全ての人に愛される必要はないが、誰にも愛されないと生きていくのは難しい」という事、そして「今のように、他…

みんなに愛されている、という誤解を正した。

久しぶりに息子の事を書きます。 勉強のほうは特に問題なく順調に推移し、学年で上位5%に入りました。幼稚園ではほぼ喋れず、小学校のテストは一桁ばかり、中学になって受けた有名どころの入塾テストはことごとく落ちた息子ですが、ここにきて、少しすづ知…

朝、一時間余計に寝るという健康法

体調が悪い、しんどい、と書いていたのですが、昨日の朝、いつもより1時間余計に寝てみたら、スッキリしました。 いつも6時前に起きるのですが、7時頃まで寝てみたのです。子供の学校はお休みでお弁当やら作る必要がなかったので、前の晩寝る前に、朝ごは…

加湿器の憂鬱

とうとう我慢できず、加湿器を出しました。タンクに水を入れ、スイッチを入れた途端に、しゅわーっと出てくる蒸気の心地よさ。カラカラだった喉が一気にらくになっていきます。 例年は、暖房を入れると同時に、加湿器も出してきていたのですが、今年はずっと…

気分の問題

その日は朝から体調が悪く、お腹がうっすら痛くて胸もむかむかして貧血のようにふらふら。全身だるくてしんどい感じ。たま~にこういう日があります。 でも、私は悲しい性格なので、体調が悪くても、よほどの事がない限り、予定通り過ごす事を優先してしまい…

「ゲームの王国」小川哲さん

小川哲さんの「ゲームの王国」を読みました。とんでもなく面白い本でした。 一読すると、ポルポト前後のカンボジアの近代歴史を庶民の立場で書いたもの、という印象なのですが、よくよく読むと、この本、SFなのです。そう言われてみれば、歴史に合わない部分…